見積もり可能形状

外形や寸法条件により下記形状でも製作できない場合がございます。製作できない場合は、ご注文後にmeviyサポートからご連絡いたします。

材質・表面処理・サイズ

R曲げ形状の対象範囲はこちら
材質:鉄系 表面処理 板厚 ※1 外形寸法(縦・横・高さ)※2
板厚2.0mm以下 板厚2.0mm超
  • SPCC/SPHC
  • SS400(板厚9mmのみ)
0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0  9.0 5~1200 10~1200
粉体塗装 ※3 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0
溶剤塗装 ※3
無電解ニッケルメッキ 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0  9.0 5~1200 ※4 10~1200 ※4
四三酸化鉄皮膜
三価クロメート(白)
三価クロメート(黒) 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0 5~300 10~300
SS400 10.0 12.0 16.0 20~1200
SECC(電気亜鉛メッキ鋼板) 電気亜鉛メッキ ※5 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2 5~1200 10~1200
SPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板) 溶融亜鉛メッキ ※5 1.6  2.3
SPCC(シム用) ※6 0.1  0.2  0.3  0.5 横(長手) 5~850
縦(短手) 5~300
材質:ステンレス系 仕上げ方法 板厚 ※1 外形寸法(縦・横・高さ)※2
板厚2.0mm以下 板厚2.0mm超
SUS304 No.1 9.0 10~1200
10.0 12.0 20~1200
2B 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  2.5  3.0  4.0  5.0  6.0 5~1200 10~1200
片面#400研磨 ※7 ※12 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  3.0
片面ヘアライン ※7 ※8 ※12 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  3.0
SUS430 2B 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  3.0
SUS304(H)(シム用) ※6 0.05  0.1  0.2  0.3  0.5  0.8  1.0
  • 横(長手) 5~850
  • 縦(短手) 5~300
材質:アルミニウム 表面処理 板厚 ※1 外形寸法(縦・横・高さ)※2※4
板厚2.0mm以下 板厚2.0mm超
A5052 0.8  1.0  1.2  1.5  1.6  2.0  2.5  3.0  4.0  5.0  6.0 5~920 10~920
アルマイト(白) 5~920 ※4 10~920 ※4
アルマイト(黒)
アルマイト(つや消し黒)※11 5~920 ※4 10~920 ※4
A5052(アルマイト鋼板白) アルマイト(白) 1.0  1.5  2.0  3.0 5~1100 10~1100
A5052(アルマイト鋼板黒) アルマイト(黒)
材質:パンチングメタル材 孔径×孔ピッチ ※9 開口率 板厚 ※1 外形寸法(縦・横・高さ)※2
パンチングメタル(SUS304-BA) -丸孔60°千鳥タイプ- φ1 × 2p 22.6% 0.8 30〜900
φ2 × 3p 40.3% 1.0
φ3 × 5p 32.7% 1.0  1.5
φ5 × 8p 35.4% 1.0  1.5
φ8 × 12p 40.2% 1.5
材質:透明樹脂 ※10 グレード 板厚 ※1 外形寸法
縦(短手) 横(長手)
PET
(ポリエチレンテレフタレート)
スタンダード 透明 3.0  5.0  8.0 10~1000 10~2000
ブラウンスモーク 3.0  5.0
制電 透明
ブラウンスモーク
アクリル スタンダード 透明 3.0  5.0  8.0  10.0 10~1000 10~2000
ブラウンスモーク 3.0  5.0
制電 透明
ブラウンスモーク
ポリカーボネート スタンダード 透明 3.0  5.0 10~1000 10~2000
ブラウンスモーク
制電 透明
ブラウンスモーク
塩ビ
(ポリ塩化ビニル)
スタンダード 透明 3.0  5.0 10~1000 10~2000
ブラウンスモーク
制電 透明
ブラウンスモーク

穴加工の種類

加工種類
1 通し穴
通し穴
2 長穴
長穴
3 角穴
角穴
4タップ穴
タップ穴(並目)
5 バーリングタップ
バーリングタップ(並目)
6 皿穴
皿穴
7
  • ナット取付(圧入)
  • ナット取付(溶接)
圧入ナット(並目),溶接ナット(並目)
※4.タップ穴,5.バーリングタップ,7.ナット取付(圧入),ナット取付(溶接)のタップは並目になります。

出荷日

材質・表面処理・出荷日

材質:鉄系 表面処理 標準出荷日 短納期出荷日 長納期出荷日
  • SPCC/SPHC
  • SS400
3日目~ 1日目~ 20日目~
粉体塗装 ※ 5日目~ 4日目~
溶剤塗装 ※ 6日目~ 5日目~
無電解ニッケルメッキ 5日目~ 4日目~ 20日目~
四三酸化鉄皮膜
三価クロメート(白)
三価クロメート(黒)
SECC(電気亜鉛メッキ鋼板) 電気亜鉛メッキ 3日目~ 1日目~
SPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板) 溶融亜鉛メッキ
SPCC(シム用) 2日目~
材質:ステンレス系 仕上げ方法 標準出荷日 短納期出荷日 長納期出荷日
SUS304 No.1 3日目~ 1日目~
2B 20日目~
片面#400研磨
片面ヘアライン
SUS430 2B
SUS304(H)(シム用) 2日目~
材質:アルミニウム 表面処理 標準出荷日 短納期出荷日 長納期出荷日
A5052 3日目~ 1日目~ 20日目~
アルマイト(白) 8日目~
アルマイト(黒)
アルマイト(つや消し黒) 9日目~
A5052(アルマイト鋼板白) アルマイト(白) 3日目~ 1日目~
A5052(アルマイト鋼板黒) アルマイト(黒)
材質:パンチングメタル材 孔径×孔ピッチ 開口率 標準出荷日 短納期出荷日 長納期出荷日
パンチングメタル(SUS304-BA) -丸孔60°千鳥タイプ- φ1 × 2p 22.6% 3日目~ 1日目~
φ2 × 3p 40.3%
φ3 × 5p 32.7%
φ5 × 8p 35.4%
φ8 × 12p 40.2%
材質:透明樹脂 グレード 標準出荷日 短納期出荷日 長納期出荷日
PET
(ポリエチレンテレフタレート)
スタンダード 透明 3日目~ 2日目~ 20日目~
ブラウンスモーク
制電 透明
ブラウンスモーク
アクリル スタンダード 透明 20日目~
ブラウンスモーク
制電 透明
ブラウンスモーク
ポリカーボネート スタンダード 透明 20日目~
ブラウンスモーク
制電 透明
ブラウンスモーク
塩ビ
(ポリ塩化ビニル)
スタンダード 透明 20日目~
ブラウンスモーク
制電 透明
ブラウンスモーク
  • ※R曲げ形状は通常曲げ品に1〜2日出荷日が加算されます。
  • ※ナット取付は標準出荷日に1〜2日出荷日が加算されます。短納期と長納期には対応しておりません。
  • ※一部の塗装品(近似マンセル値:5P9/1、5Y7/1、5Y7.2/1.4)は短納期出荷をお選びいただけません。
  • ※ 板厚9㎜(SS400の9mmを除く)を超える部品は長納期出荷をお選びいただけません。
  • ※刻印は標準出荷日に1日出荷日が加算されます。短納期には対応しておりません。
  • ※長納期の対象となる塗装色は4色となります(近似マンセル値:N1、N9.5、5Y7/1、2.5Y8/14)。
  •  塗装色についてはこちらをご参照ください。
  • ※透明樹脂タップ加工は標準出荷日と短納期出荷日に2日出荷日が加算されます。長納期は納期加算はありません。
  • ※納期種別により、メッキ品の外観で若干色味の差異が生じる場合がございます。性能は同等です。

大口割引率

割引率(大口数量101個~)
数量 割引率 出荷日
外形寸法 5~800mm 外形寸法 801~1200mm
1 3日目~
2~4 10%
5~9 14%
10~20 18%
21~100 最大40% 6日目~
101~300 最大60% 20日目~
  • ※出荷日の変動は、meviy上にて直接ご確認下さい。
  • ※101個以上は標準納期品のみ対応しております。
  •  短/長納期サービスは順次対応予定となります。

ポイント

  • 「数量スライド割引」をクリックすると表示されます。
  • 数量の多いものは出荷日も変動になりますので合わせてご確認ください。
対象材質・表面処理・サイズ
材質:鉄系 表面処理 板厚 外形寸法(縦・横・高さ)
板厚2.0mm以下 板厚2.0mm超
SPCC/SPHC 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0 5~800 10~800
SECC(電気亜鉛メッキ鋼板) 電気亜鉛メッキ 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2
材質:ステンレス系 仕上げ方法 板厚 外形寸法(縦・横・高さ)
板厚2.0mm以下 板厚2.0mm超
SUS304 2B 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  2.5  3.0  4.0  5.0  6.0 5~800 10~800
SUS430 2B 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  3.0
材質:アルミニウム 表面処理 板厚 外形寸法(縦・横・高さ)
板厚2.0mm以下 板厚2.0mm超
A5052 0.8  1.0  1.2  1.5  1.6  2.0  2.5  3.0  4.0  5.0  6.0 5~800 10~800
  • ※材質により割引率は異なります。
  • ※自動見積もり可能な商品にのみ割引が適用されます。
型番
  • 101個以上の型番は、末尾2桁に「-V」が付与されます。
  • 対象商品の場合、標準納期出荷日で発行された型番の末尾に「-V」を追記することでそのまま有効な型番として使用できます。

納期選択サービス

  • 最短1日目の短納期からコストダウン可能な長納期まで、納期を選択できます。
  • 納期が優先であれば短納期(1日目~)、価格が優先であれば30%割引となる長納期(20日目~)がおすすめです。

納期選択肢の一覧

納期種別 出荷日 特長 品質 型番末尾 受注締め時間
短納期 1日目~ 急ぎの際に安心の最短1日目出荷 同等 -E 15:00
標準納期 3日目~ 標準出荷日でも最短3日目出荷 20:00
長納期 20日目~ 品質変わらず価格30%OFF、最短20日目出荷 同等 -L

メモ

  • 詳細な材質・表面処理別の出荷日は以下をご参照ください
  •  →[板金]対象部品/材料>出荷日

注意

短納期の2日目~出荷品の受注締め時間は20:00となります。

納期の選択方法

STEP1

「見積条件を確定」を押下します。

 

STEP2

出荷日の一覧が表示され、納期の選択が可能になります。

メモ

  • デフォルトが標準納期出荷日となっております

型番

  • 短納期出荷日型番の場合、末尾2桁に「-E」が長納期出荷日型番の場合は「-L」が付与されます。
  • 対象商品の場合、標準納期出荷日で発行された型番の末尾に「-E」または「-L」を追記することでそのまま有効な型番として使用できます。

材料の特性

SPCC

SPCC

一般プレス板金向けの冷間圧延鋼板です。 寸法精度が高く、肌が美しいのが特徴で、一般的な標準板厚は0.2mm~3.2mmとなります。
SPHC ※1

SPHC

一般用及び絞り用の熱間圧延軟鋼板です。
一般的な標準板厚は1.2mm以上で中厚板の製品でよく使用されます。
SS400

SS400

代表的な一般構造用圧延鋼材です。強度があり建築、機械設備など幅広い用途で使用されます。表面は黒色の酸化被膜で覆われており黒皮材とも呼ばれています。
SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)

SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)

耐食性が良好なメッキ処理鋼板です。 切断面にはメッキ処理がされません。 材料の特性上表面に若干の擦れ痕がつきます。表面はグレー色です。
SPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)

SPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)

建材にも使用され、高い耐食性を有しています。 表面処理鋼板の為、切断面にはメッキ処理がされませんが短納期で対応できます。表面はシルバー色です。
SUS304(No.1)

SUS304(No.1)

熱間圧延・熱処理後、酸洗を行い表面につく黒い皮膜や汚れを取り除いたものです。 つや消しで梨地のような表面が特徴です。
SUS304(2B)

SUS304(2B)

最も代表的なステンレス鋼です。 耐食性、靭性、延性、加工性、溶接性に優れ、幅広い用途で使用されます。 表面はやや光沢のある仕上げとなっています。
SUS304(片面#400研磨)

SUS304(片面#400研磨)

外装カバーに使用される美観に優れた表面仕上げ材です。 表面は鏡面に近い光沢で若干の磨き目が残ります。 出荷時は保護シート(片面のみ)が貼付けされています。
SUS304(片面ヘアライン)

SUS304(片面ヘアライン)

髪の毛のように長く連続した研磨目が特徴の表面仕上げ材です。表面は光沢を抑えてあり、落ち着いた雰囲気を演出できます。出荷時は保護シート(片面のみ)が貼付けされています。
SUS430(2B)

SUS430(2B)

フェライト系ステンレスの代表的な鋼種です。 SUS304と比較して表面に光沢があり、磁性を有しているのが特徴です。
A5052

A5052

最も汎用的なアルミ合金です。
耐食性・溶接性に優れており幅広い用途で使用されます。
A5052(アルマイト鋼板白)

A5052(アルマイト鋼板白)

  • A5052のメッキ処理鋼板です。切断面にはメッキ処理がされません。
  • 材料の特性上、曲げ部分のメッキ処理が剥がれる可能性があります。
  • 表面はシルバー色です。
A5052(アルマイト鋼板黒)

A5052(アルマイト鋼板黒)

  • A5052のメッキ処理鋼板です。切断面にはメッキ処理がされません。
  • 材料の特性上、曲げ部分のメッキ処理が剥がれる可能性があります。
  • 表面は黒色です。
パンチングメタル(SUS304-BA)丸孔60°千鳥タイプ

パンチングメタル(SUS304-BA) 丸孔60°千鳥タイプ

通気カバーやフィルターなど幅広い用途で使用されるパンチングメタル鋼板です。 出荷時は反り矯正加工を行いますが、材料の特性上若干の歪みが残ります。
※メッキ鋼板についてはこちらをご確認ください

表面の処理

無電解ニッケルメッキ

無電解ニッケルメッキ

工業用途で幅広く使用されるメッキ処理品です。 耐食性・耐摩耗性に優れており、膜厚が一定になりやすいため精密機器部品によく使用されます。 表面は白色シルバーです。
四三酸化鉄皮膜

四三酸化鉄皮膜

通称、黒染めと呼ばれるメッキ処理品です。

皮膜が薄く寸法変化が小さいことから精密機器部品によく使用されます。油分が切れると錆の進行が早まるため注意が必要です。

三価クロメート白

三価クロメート白

環境に配慮された三価クロメートメッキ処理品です。

青白い外観で、耐食性と美観に優れています。

三価クロメート黒

三価クロメート黒

環境に配慮された三価クロメートメッキ処理品です。

黒色の表面で、耐食性が良好です。

アルマイト白

アルマイト白

耐食性・耐摩耗性が良好なメッキ処理品です。

表面はアルミ素材色となります。

アルマイト黒

アルマイト黒

耐食性・耐摩耗性が良好なメッキ処理品です。

表面は黒色です。

アルマイトつや消し黒

アルマイトつや消し黒

光学機器や意匠品などでよく使用されるメッキ処理品です。 外観は、光沢を抑えた落ちついた黒色です。 下地には薬品処理を施しております。

色見本

表面処理色味

鉄系

無電解ニッケルメッキ
無電解ニッケルメッキ
三価クロメート(白)
三価クロメート(黒)
四三酸化鉄被膜

アルミニウム

アルマイト(白)
アルマイト(白)
アルマイト(黒)
アルマイト(つや消し黒)
アルマイト(つや消し黒)
アルマイト鋼板白
アルマイト鋼板黒
  • ※形状や加工面によって色味の違いが発生致します。膜厚指定はできません。
  • 尚、膜厚目安はこちらご参照ください
  • ※納期種別により、メッキ品の外観で若干色味の差異が生じる場合がございます。

塗装色の種類

  • 環境に優しく耐候性に優れた日本メーカーの溶剤・粉体塗料を使用しています。
  • なお、近似マンセル値のため実物は多少色味が異なる場合がございます。
  • ※詳細はこちらをご覧ください。
▼溶剤塗装

ワインレッド
  • 5R4/14(近似マンセル値)
  • 05-40X(日塗工)
  • 全ツヤ

Nオレンジ
  • 2.5YR6.5/13(近似マンセル値)
  • 205(日塗工)
  • 全ツヤ

ライトブラウン
  • 5Y8.25/1.5(近似マンセル値)
  • 25-80C(日塗工)
  • 全ツヤ

スモークブルー
  • 10B6/7(近似マンセル値)
  • 737(日塗工旧)
  • 半ツヤ

モスグリーン
  • 7.5GY8/3(近似マンセル値)
  • 403(日塗工旧)
  • 全ツヤ
▼溶剤塗装
▼粉体塗装

レッド
  • 5R4/14(近似マンセル値)
  • 05-40X(日塗工)
  • 全ツヤ
イエロー
  • 2.5Y8/14 (近似マンセル値)
  • 22-80X (日塗工)
  • 全ツヤ
  • ※長納期対象色
ブラック
  • N1 (近似マンセル値)
  • N-10 (日塗工)
  • 半ツヤ
  • ※長納期対象色
ダークグレー
  • N3 (近似マンセル値)
  • N-30 (日塗工)
  • 半ツヤ

Nオレンジ
  • 2.5YR6.5/13(近似マンセル値)
  • 205(日塗工旧)
  • 全ツヤ
Tクリーム
  • 10GY9/1 (近似マンセル値)
  • 441 (日塗工旧)
  • 全ツヤ
ホワイト
  • N9.5 (近似マンセル値)
  • N-95 (日塗工)
  • 全ツヤ
  • ※長納期対象色
グレー
  • 5Y7/1 (近似マンセル値)
  • 25-70B (日塗工)
  • 半ツヤ
  • ※長納期対象色

ライトブラウン
  • 5Y8.25/1.5(近似マンセル値)
  • 25-80C(日塗工)
  • 全ツヤ
クリーム
  • 2.5Y8/2 (近似マンセル値)
  • 22-80D (日塗工)
  • 半ツヤ
オフホワイト
  • 5P9/1 (近似マンセル値)
  • Y85-90B (日塗工)
  • 全ツヤ
ライトグレー
  • 5Y8/1 (近似マンセル値)
  • 25-80B (日塗工)
  • 半ツヤ

スモークブルー
  • 10B6/7(近似マンセル値)
  • 737(日塗工旧)
  • 半ツヤ
ライトクリーム
  • 2.5Y9/1 (近似マンセル値)
  • 22-90B (日塗工)
  • 半ツヤ
オフホワイト
  • 5P9/1 (近似マンセル値)
  • Y85-90B (日塗工)
  • 半ツヤ
クリームグレー
  • 5Y7.2/1.4 (近似マンセル値)
  • 25-70D (日塗工)
  • 半ツヤ

モスグリーン
  • 7.5GY8/3(近似マンセル値)
  • 403(日塗工旧)
  • 全ツヤ
ライトグリーン
  • 7.5GY9/2 (近似マンセル値)
  • 37-90D (日塗工)
  • 全ツヤ
オールドレース
  • 2.5Y9/2 (近似マンセル値)
  • 22-90D (日塗工)
  • 半ツヤ
オフペールグレー
  • 7.5Y8.5/1 (近似マンセル値)
  • 27-85B (日塗工)
  • 半ツヤ

糸面取りの対象範囲

  • 板金の糸面取り追加工では、両面バリ取り機を使用してバリ・かえりの除去を行います。
  • そのため、体裁面に細かな傷が入る恐れがございます。
  • 詳細は「糸面取りについて」をご確認下さい。

糸面取りの対象材質・板厚

材質 表面処理 板厚
  • SPCC/SPHC
  • SS400
0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0  9.0  10.0  12.0  16.0
粉体塗装 ※ 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0
溶剤塗装 ※
無電解ニッケルメッキ 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0  9.0
四酸化鉄被膜
三価クロメート(白)
三価クロメート(黒) 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0
SECC(電気亜鉛メッキ鋼板) 電気亜鉛メッキ 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2
材質仕上げ方法板厚
SUS3042B0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  2.5  3.0  4.0  5.0  6.0
No.19.0  10.0  12.0
SUS4302B0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  3.0
※塗装品は「N1(近似マンセル) 半ツヤ」「5Y7/1(近似マンセル) 半ツヤ」、「5P9/1(近似マンセル) 半ツヤ」、「5P9/1(近似マンセル) 全ツヤ」、「5Y7.2/1.4(近似マンセル) 半ツヤ」「5R4/14(近似マンセル)全ツヤ」、「2.5YR6.5/13(近似マンセル)全ツヤ」、「5Y8.25/1.5(近似マンセル)全ツヤ」、「10B6/7(近似マンセル)半ツヤ」、「7.5GY8/3(近似マンセル)全ツヤ」のみ対象

寸法公差の対象範囲

寸法公差の対象材質・板厚

材質:鉄系 表面処理 板厚 ※1
SPCC/SPHC 0.8 1.0 1.2 1.6 2.0 2.3 3.2 4.5
材質:ステンレス系 仕上げ方法 板厚 ※1
SUS304 2B 0.8 1.0 1.2 1.5 2.0 2.5 3.0 4.0 5.0 6.0
SUS430 2B 0.8 1.0 1.2 1.5 2.0 3.0

※1 板厚公差は±10%が目安となります

寸法種類と設定範囲

No. 寸法種類名 自動見積もり公差範囲 注意事項
1 通し穴径
  • 両側公差 ±0.2mm以上
  • 4
タップ、バーリング、皿穴は対象外です。
2 通し穴と通し穴の距離
3 板端面と端面の距離
  • モデルに曲げがある場合は対象外です。
  • 外形寸法は対象外です。

※対象となる寸法種類につきましては下図赤枠をご参照ください。

刻印の対象範囲

  • 板金の刻印サービスでは、体裁面のみが対象範囲となります。
  • また材質や加工機の条件により、仕上がりに差異が生じる場合があります。詳細は「刻印について」をご確認下さい。

刻印の対象材質・板厚

材質:鉄系 表面処理 板厚※1
SPCC/SPHC 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2  4.5  6.0​
SS400 9.0  10.0  12.0  16.0
材質:ステンレス系 仕上げ方法 板厚※1
SUS304 2B 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  2.5  3.0  4.0  5.0  6.0
SUS430 2B 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  3.0
SUS304 No.1 9.0  10.0  12.0
※1 板厚公差は±10%が目安となります

刻印の文字仕様

  • 半角英数字と一部記号(+-.#$%&()=*:?/_~)を自由入力にて指示することができます。
  • 改行・スペース入力にも対応しております。
  • フォント(字体・文字間隔)・行間の指定はできません。

文字サイズ(mm)

  • 文字サイズの定義上、内容によって指定サイズと乖離が生じる場合がございます。

文字サイズの定義

例)文字サイズを初期値5.0mmで指定した場合
文字サイズを初期値5.0mmで指定した場合
初期値
(※)
指定サイズ 3.0 4.0 5.0 6.0 7.0 8.0 9.0 10.0 11.0 12.0 13.0 14.0 15.0 17.5 20.0 22.5 25.0 27.5 30.0
実測値A 2.80 3.74 4.79 5.60 6.54 7.47 8.41 9.34 10.27 11.2 12.14 13.08 14.01 16.34 18.68 21.01 23.37 25.68 28.01
実測値g 3.01 4.02 5.02 6.26 7.03 8.03 9.04 10.04 11.05 12.52 13.05 14.06 15.07 17.39 20.08 22.36 25.11 27.62 30.13
実測値x 2.10 2.80 3.51 4.21 4.91 5.61 6.31 7.01 7.71 8.42 9.11 9.81 10.52 12.27 14.02 15.77 17.53 19.28 21.03
  • ※材質や文字によって、3.0~5.0mmは文字潰れの恐れがあります。
  • ※大文字の高さ寸法をサイズの定義としています。あくまで目安値となり、寸法精度は保証いたしかねます。

角度(°)

角度は45°ピッチ(0~315°の範囲)で指示できます。
初期値
角度ピッチ(目安値) 0~315°(45°ピッチ)
刻印の角度について

R曲げ形状の対象範囲

  • R曲げ形状はFR曲げ加工(送り曲げ加工)を行うため、金型痕がつきます。詳細は「曲げ加工仕様」をご確認下さい。
  • ※金型痕が残らないR曲げ加工をご希望される場合は担当者見積コメント欄に記載下さい。
材質:鉄系 表面処理 板厚 ※1 外形寸法(縦・横・高さ)※2
板厚2.0mm以下 板厚2.0mm超
SPCC/SPHC 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2 5~1200 10~1200
粉体塗装 ※3 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2
溶剤塗装 ※3
無電解ニッケルメッキ 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2 5~1200 ※4 10~1200 ※4
四三酸化鉄皮膜
三価クロメート(白)
三価クロメート(黒) 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2 5~300 10~300
SECC(電気亜鉛メッキ鋼板) 電気亜鉛メッキ ※5 0.8  1.0  1.2  1.6  2.0  2.3  3.2 5~1200 10~1200
SPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板) 溶融亜鉛メッキ ※5 1.6  2.3
材質:ステンレス系 仕上げ方法 板厚 ※1 外形寸法(縦・横・高さ)※2
板厚2.0mm以下 板厚2.0mm超
SUS304 2B 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  2.5  3.0 5~1200 10~1200
片面#400研磨 ※6 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  3.0
SUS430 2B 0.8  1.0  1.2  1.5  2.0  3.0
材質:アルミニウム 表面処理 板厚 ※1 外形寸法(縦・横・高さ)※2
板厚2.0mm以下 板厚2.0mm超
A5052 0.8  1.0  1.2  1.5  1.6  2.0  2.5  3.0 5~920 10~920
アルマイト(白) 5~920 ※4 10~920 ※4
アルマイト(黒)
A5052(アルマイト鋼板白) アルマイト(白) 1.0  1.5  2.0  3.0 5~1100 10~1100
A5052(アルマイト鋼板黒) アルマイト(黒)
材質:パンチングメタル材 孔径×孔ピッチ ※7 開口率 板厚 ※1 外形寸法(縦・横・高さ)※2
パンチングメタル(SUS304-BA) -丸孔60°千鳥タイプ- φ1 × 2p 22.60% 0.8 30〜900
φ2 × 3p 40.30% 1.0
φ3 × 5p 32.70% 1.0  1.5
φ5 × 8p 35.40% 1.0  1.5
φ8 × 12p 40.20% 1.5

薄板・シムプレートの対象範囲

部品の厚み・高さ調整に有用な、薄板のシムプレートをご利用いただけます。標準納期は2日目出荷となります。
シムプレートを選択するための形状要素、材質・板厚には条件があります。以下より、詳しい仕様をご確認下さい。

薄板・シムプレートの対象形状について

対象:切り欠き・通し穴・自由形状穴

対象:角シム系、切り欠き・通し穴(角穴・長穴など)

非対象: 曲げ

非対象: 曲げ

対象:切り欠き・通し穴(角穴・長穴など)

対象:切り欠き・通し穴(角穴・長穴など)

非対象:成形穴

非対象:成形穴

薄板・シムプレートの対象材質・板厚

板厚・材質によって板厚の公差が異なります。
板厚0.8mm、1.0mmにおいては他のステンレス材もお選びいただけますが、SUS304(H)(シム用)の方が高精度となります。(通常材質の板厚公差は±10%が目安です)

対象1:鉄 板厚 板厚公差
SPCC(シム用) 0.1 ±0.03
0.2 ±0.03
0.3 ±0.04
0.5 ±0.06
対象2:ステンレス 板厚 板厚公差
SUS304(H)(シム用) 0.05 ±0.005
0.1 ±0.02
0.2 ±0.03
0.3 ±0.035
0.5 ±0.04
0.8 ±0.04
1.0 ±0.05
サービス・利用内容に関するご質問、お問い合わせは下記サポート窓口までご連絡ください
株式会社ミスミ meviyサポート

TEL:0120-343-626
サポート受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~18:00

透明樹脂の対象範囲

装置のカバー等に使用される、透明樹脂パネル部品をご利用いただけます。標準納期は3日目出荷となります。
透明樹脂を選択するための形状要素、材質・板厚には条件があります。以下より、詳しい仕様をご確認下さい。

透明樹脂の対象形状について

対象: 平板

No. 1 2 3 4 5 6
穴種 通し穴 皿穴 タップ穴 長穴 角穴 自由形状穴

非対象: 曲げを含む形状

透明樹脂の対象材質・板厚

透明樹脂は、PET材質のスタンダードグレード・制電グレードからお選びいただけます。

どちらのグレードも透過率の異なる2色をご用意しておりますので、用途に応じてご希望の材質をご選択ください。

材質:透明樹脂 グレード 全光線透過率 ※1 使用雰囲気温度 ※1 板厚 ※2
PET (ポリエチレンテレフタレート) スタンダード 透明 87% -15~55℃ 3.0 5.0 8.0
ブラウンスモーク 28% 3.0 5.0
制電 透明 77%
ブラウンスモーク 30%
アクリル スタンダード 透明 93% -40~65℃ 3.0 5.0 8.0 10.0
ブラウンスモーク 28% 3.0 5.0
制電 透明 87%
ブラウンスモーク 25%
ポリカーボネート スタンダード 透明 89% -40~120℃ 3.0 5.0
ブラウンスモーク 35%
制電 透明 86%
ブラウンスモーク 32%
塩ビ (ポリ塩化ビニル) スタンダード 透明 83% -10~60℃ 3.0 5.0
ブラウンスモーク 27%
制電 透明 77%
ブラウンスモーク 30%

※1 目安値であり保証値ではありません。

※2 板厚公差は板厚3.0のとき±0.2、5.0のとき±0.3となります。

透明樹脂の使用材質
  • 透明樹脂はタキロン、三菱ケミカル、クラレなど国内メーカーを使用しております。
  • 通常品と長納期品で多少色味が異なる場合がございます。
サービス・利用内容に関するご質問、お問い合わせは下記サポート窓口までご連絡ください
株式会社ミスミ meviyサポート

TEL:0120-343-626
サポート受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~18:00

モデリングの基本ルール

モデリング作成ルール 部位例
板厚は一定としてモデリングして下さい 部位例
  • 曲げ内Rは、0以上かつ板厚以下とし、曲げ外Rは、内R+板厚でモデリングして下さい
  • ※曲げ部の板厚が不均一なモデルは自動見積もり不可ですが、自動修正機能をご使用いただけます。
  • 自動修正することで自動見積可能となる場合があります(詳しくはこちら)
部位例
  • R曲げ形状について、曲げ内Rは10以上とし、曲げ外Rは内R+板厚でモデリングして下さい
  • ※曲げ内Rの対応範囲についてはR曲げ対応範囲をご確認下さい
部位例

穴認識の仕様

  • CADデータはmeviyにアップロード後、内部で中間フォーマットへ変換されます。その際に、タップ穴/皿穴といったCADデータ内の穴種情報は失われます。
  • デフォルトの穴認識設定として、meviyでは穴径と形状特徴を検出して、穴情報DBに引き当てることで元のCADデータの穴情報を推測してmeviyの穴情報に引き継ぎます。
  • ただし、Solidworksをご利用の場合は、ユーザー設定を変更してCADデータのオリジナルの穴情報を直接meviyへ引き継ぐ新機能をご利用いただけます。詳しくはこちらをご確認ください。
穴認識の仕様

タップ穴認識と選択できるサイズ

タップ穴の認識

meviyの穴情報データベースは、アップロード可能なファイル拡張子ごとにタップ穴の呼び径に対応する穴径が登録されており、検出された穴径と照合されます(下表1)。
※検出された穴径がタップ穴 呼び径の対応表に引き当たらない場合、通し穴として扱われ ます。穴種や呼び径は見積設定中に変更できますが、板厚毎の対応サイズ(2.2.2に掲載)に ない呼び径は選択できません。
※複数の呼び径に引き当たる穴径(以下5.00mm)の場合、大きい呼び径(M6)が優先して選択されます。

表1) デフォルト設定時:ファイル拡張子によるタップ穴認識の対応穴径表
  • よりスムーズに意図通りのタップ穴を認識させるためには、普段から利用しているCADを「穴タイプの自動認識」で指定しておく事をお奨めします。 meviyで検出された穴径は、指定CAD毎の穴径と照合されるようになります(下表2)。
  • ※以下で、設定方法を紹介しています。
  • 部品設定画面でできること:穴タイプの自動認識
表2) タップ識別方法設定時:指定CAD毎に参照されるタップ穴認識の穴径表

※1 SOLIDWORKS 穴の仕様オプション「ねじ下穴ドリル直径」「ねじ山」のとき

※2 SOLIDWORKS 穴の仕様オプション「ねじ山削除」のとき

バーリングタップのモデリングとサイズ

バーリングタップのモデリングルール

円筒フランジ形状を検出したとき、バーリングタップとして識別されます。

モデリング作成ルール 部位例
内径 d は、前述の”タップ穴の認識”と同じルールが適用されます フランジ高さ h と厚み t は板厚以下でモデリングしてください 形状例

バーリングタップのサイズ選択

パンチングメタル材やシムプレート材( SPCC(シム用), SUS304(H)(シム用) )、透明樹脂ではバーリングタップを選択できません。

材質 板厚 バーリングタップ穴径(※1)
  • SPCC
  • SPHC
  • SECC
0.8 M3 M4
1.0 M2​ M2.5​ M3 M4 M5
1.2 M2​ M2.5​ M3 M4 M5
1.6 M2​ M2.5​ M3 M4 M5
  • SUS304(2B)
  • SUS304(片面#400研磨)
  • SUS304(片面ヘアライン)
  • SUS430
  • A5052
  • A5052(アルマイト鋼板白)
  • A5052(アルマイト鋼板黒)
0.8 M3 M4
1.0 M3 M4 M5
1.2 M3 M4 M5
1.5 M3 M4 M5
1.6 (※2) M3 M4 M5
  • ※1 M2・M2.5はSPCC(溶融亜鉛メッキ)・SECCに限る
  • ※2 A5052(アルミ)に限る

皿穴のモデリングと選択できるサイズ

皿穴のモデリングルール

皿(円錐形状)を検出したとき、皿穴として識別されます。

モデリング作成ルール 形状例
皿(円錐形状)の角度は90°でモデリングしてください 穴径の比率 D/d は、d が4.0[mm] 以下のとき1.4を超える比率、 d が4.0[mm] を超えるとき1.7を超える比率にしてください 形状例

皿穴の認識

皿穴は下記の通り2つのステップを経て認識されます。

STEP1

  • meviyの穴情報データベースには、CAD毎の皿穴の下穴径が登録されており、検出された穴径と照合されます(下表)。
皿穴呼び径 ファイル拡張子
  • STEP(.step / .stp)
  • Parasolid(.x_t/.x_b/.xmt /.xmt_txt)ACIS(.sat/.sab)JT(.jt)
  • PRC(.prc)
  • I-deas(.arc/.unv)
  • Autodesk Inventor(.ipt)
  • CATIA V5(.CATPart)
Siemens PLM-NX(.prt) ※1 Creo(.neu/.prt/.xpr) Solid Edge(.par/.pwd) iCAD SX(.icd) SOLIDWORKS (.sldprt)Siemens PLM-NX(.prt) ※2
M3 3.20 3.30 3.40 3.58 3.60 4.00 3.20 3.30 3.40
M4 4.30 4.40 4.50 4.60 4.68 4.80 4.30 4.40 4.50
M5 5.30 5.50 5.80 6.00 6.18 6.50 5.30 5.50 5.50
M6 6.40 6.60 6.82 7.00 6.40 6.60 6.60
M8 8.40 8.54 9.00 9.22 10.00 8.40 8.54 9.00
M10 10.50 10.62 11.00 11.27 12.00 10.50 10.62 11.00
M12 13.00 13.50 14.50 13.00 13.50
M14 15.00 15.50 16.50
M16 17.00 17.50 18.50 17.00 17.50

※1 Siemens PLM-NXのJISモデルでの下穴径
※2 Siemens PLM-NXのISOモデルでの下穴径

STEP2

  • STEP1で引きあたらなかった場合、下穴径範囲に応じて呼び径が決定されます。(下表)
  • 検出された穴径が下穴径のリストに引き当たらない時は、通し穴(またはタップ穴)として扱われます。ただし、穴種や穴径は見積設定中に変更する事ができます。
皿穴呼び径 下穴径(d)範囲 形状例
M3 3.2≦d≦4.0 形状例
M4 4.3≦d≦4.8
M5 5.3≦d≦6.5
M6 6.3≦d≦7.0
M8 8.4≦d≦10.0
M10 10.5≦d≦12.0
M12 13.0≦d≦14.5
M14 15.0≦d≦16.5
M16 17.0≦d≦18.5

皿穴のサイズ選択

材質・板厚ごとに選択できるサイズが異なります。下表を参照してください。
パンチングメタル材やシムプレート材( SPCC(シム用), SUS304(H)(シム用) )では皿穴を選択できません。

材質 板厚 皿穴ボルト呼び径
  • SPCC
  • SPHC
  • SS400
  • SECC
2.0 M3
2.3 M3
3.2 M3 M4 M5
4.5 M3 M4 M5 M6
6.0 M3 M4 M5 M6 M8 M10
9.0 M5 M6 M8 M10
10.0 M5 M6 M8 M10 M12 M14 M16
12.0 M5 M6 M8 M10 M12 M14 M16
16.0 M5 M6 M8 M10 M12 M14 M16
  • SUS304(No.1)
  • SUS304(2B)
  • SUS304(片面#400研磨)
  • SUS304(片面ヘアライン)
  • SUS430(2B)
  • A5052
  • A5052(アルマイト鋼板白)
  • A5052(アルマイト鋼板黒)
2.0 M3
2.5 M3
3.0 M3 M4 M5
4.0 M3 M4 M5 M6
5.0 M3 M4 M5 M6 M8
6.0 M3 (※1) M4 M5 M6 M8
9.0 M5 M6 M8 M10 M12 M14 M16
10.0 M5 M6 M8 M10 M12 M14 M16
12.0 M5 M6 M8 M10 M12 M14 M16
PET アクリル ポリカーボネート 塩ビ 3.0 M3 M4 M5
5.0 M3 M4 M5 M6 M8
8.0 (※2) M3 M4 M5 M6 M8 M10
10.0 (※3) M3 M4 M5 M6 M8 M10
  • ※1 A5052(アルミ)に限る
  • ※2 PET(スタンダード・透明)/アクリル(スタンダード・透明)に限る
  • ※3 アクリル(スタンダード・透明)に限る

だるま穴のモデリングルール

だるま穴形状を検出したとき、だるま穴として認識されます。

モデリング作成ルール 形状例
だるま穴は下記条件式をすべて満たすようモデリングしてください d1 ≧ 4.5 d2 ≧ 2 × d1 + 2 ℓ > 0 形状例

メッキ・塗装用の吊り穴

表面処理にメッキや塗装を選択していただく場合は、表面処理用の吊り穴が必要です。
モデルに穴がない時は、部品の四隅や端面付近に、通し穴をモデリングしてください。
※φ4~φ5.2mm程度の穴をモデリングしてください。
※長手が420mm以上のモデルや、重量8kgを超えるモデルでは2箇所以上、モデリングしてください。

部品のサイズや形状によっては、吊り穴の追加や変更が必要になる事があります。
その場合は、弊社よりご連絡致します。

メッキ・塗装用の吊り穴

ナットの選択できるサイズ

ナットの下穴径上限

  • meviyでは、モデリングされている取付穴の穴情報指示を変更する事で、ナット取付を指示する事ができます。
  • 取付方法には、圧入、溶接(スポット)、溶接(アーク)を選択できます。
  • ただし、同一モデル上で複数の取付方法を混在する事はできません。
  • 選択可能な呼び径は取付穴の穴径によって異なり、呼び径別に穴径の上限が規定されています。下表を参照してください。
圧入ナット
圧入ナット呼び径 下穴径(d)の上限 形状例
M3 d ≦ 5.5
M4 d ≦ 7.0
M5 d ≦ 8.0
M6 d ≦ 10.0
M8 d ≦ 13.0
溶接(スポット)ナットと溶接(アーク)ナット
溶接ナット呼び径 下穴径(d)の上限 形状例
M4 d ≦ 11.0
M5 d ≦ 11.0
M6 d ≦ 13.0
M8 d ≦ 15.0
M10 d ≦ 17.0
M12 d ≦ 19.0

ナットの自動見積最大個数

  • 自動見積もりの条件として、1モデル当たりのナットの取り付け個数に上限が設けられています。下表を参照してください。
  • 取り付けるナットの個数が多い場合はmeviyサポートにてお見積りをお受けいたします(担当者見積を依頼)。
  • なお、溶接(アーク)ナットを希望される場合は個数によらず担当者見積を依頼してください。
ナットの種類 モデルあたりの自動見積が可能なナットの最大数
圧入ナット 12
溶接(スポット)ナット 12

ナットのサイズ選択

  • 材質・板厚ごとに選択できるサイズが異なります。下表を参照してください。
  • パンチングメタル材やシムプレート材(SPCC(シム用),SUS304(H)(シム用))および樹脂材ではナット取付を選択できません。
  • また、取付方法と表面処理の組み合わせによって見積ができない場合がございます。
ナット(圧入)
材質 表面処理・仕上げ方法 板厚 タップ穴径
  • SPCC/SPHC
  • SECC
  • 粉体塗装
  • 溶剤塗装
  • 無電解ニッケルメッキ
  • 三価クロメート(白)
0.8 M3 M4
1.0 M3 M4 M5 M6
1.2 M3 M4 M5 M6
1.6 M3 M4 M5 M6
2.0 M3 M4 M5 M6 M8
2.3 M3 M4 M5 M6 M8
3.2 M3 M4 M5 M6 M8
  • SUS304
  • SUS430 ※1
  • 2B
  • 片面#400研磨
  • 片面ヘアライン
1.0 M3 M4 M5 M6
1.2 M3 M4 M5 M6
1.5 M3 M4 M5 M6
2.0 M3 M4 M5 M6 M8
2.5 M3 M4 M5 M6 M8
3.0 M3 M4 M5 M6 M8
A5052
(アルマイト非対応)
0.8 M3 M4
1.0 M3 M4 M5 M6
1.2 M3 M4 M5 M6
1.5 M3 M4 M5 M6
1.6 M3 M4 M5 M6
2.0 M3 M4 M5 M6 M8
2.5 M3 M4 M5 M6 M8
3.0 M3 M4 M5 M6 M8
  • A5052(アルマイト鋼板白)
  • A5052(アルマイト鋼板黒)
  • アルマイト(白)
  • アルマイト(黒)
1.0 M3 M4 M5 M6
1.5 M3 M4 M5 M6
2.0 M3 M4 M5 M6 M8
3.0 M3 M4 M5 M6 M8
ナット(スポット溶接)
材質 表面処理・仕上げ方法 板厚 タップ穴径
  • SPCC/SPHC
  • SECC
  • 粉体塗装
  • 溶剤塗装
  • 無電解ニッケルメッキ
  • 四酸化鉄被膜
  • 三価クロメート(白)
0.8 M4 M5 M6
1.0 M4 M5 M6
1.2 M4 M5 M6 M8
1.6 M4 M5 M6 M8 M10 M12
2.0 M4 M5 M6 M8 M10 M12
2.3 M4 M5 M6 M8 M10 M12
3.2 M4 M5 M6 M8 M10 M12
  • SUS304
  • SUS430 ※1
  • 2B
  • 片面#400研磨
  • 片面ヘアライン
0.8 M4 M5 M6 M8 M10 M12
1.0 M4 M5 M6 M8 M10 M12
1.2 M4 M5 M6 M8 M10 M12
1.5 M4 M5 M6 M8 M10 M12
2.0 M4 M5 M6 M8 M10 M12
2.5 M4 M5 M6 M8 M10 M12
3.0 M4 M5 M6 M8 M10 M12
4.0 M4 M5 M6 M8 M10 M12
5.0 M4 M5 M6 M8 M10 M12
6.0 M4 M5 M6 M8 M10 M12
※1 SUS430の仕上げ方法は2Bのみになります。

パンチングメタルのモデリングルール

モデリング作成ルール 部位例

パンチングメタルで見積もる部品は、穴が無い形状、または通し穴(取付穴)のみの形状でモデリングして下さい

(パーツ上にパンチングメタル特有の千鳥状/格子状の穴群を設ける必要はありません)

穴認識の仕様

加工限界の範囲

各々の規格部位には、加工限界値または寸法範囲が定められています。規格範囲内のモデルを作成してください。

 ※表面処理や形状、加工条件によって記載の値と異なる場合がございます。

(平板展開時の)スリット最小幅

加工限界・寸法範囲 部位例
板厚 (平板展開時の)スリット最小幅
  • SPCC
  • SPHC
  • SECC
  • SS400
  • SUS304(2B)
  • SUS304(片面#400研磨)
  • SUS304(片面ヘアライン)
  • SUS430(2B)
  • A5052
  • A5052(アルマイト鋼板白)
  • A5052(アルマイト鋼板黒)
パンチングメタル -丸孔60°千鳥タイプ- 保証値a 限界値a
0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.5
1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.5
1.2 1.2 1.2 1.2 0.5
1.5 1.5 1.5 1.5 0.5
1.6 1.6 1.6 0.5
2.0 2.0 2.0 2.0 0.5
2.3 2.3 0.8
2.5 2.5 2.5 0.8
3.0 3.0 3.0 1.5
3.2 3.2 1.6
4.0 4.0 4.0 2.0
4.5 4.5 2.3
5.0 5.0 5.0 2.5
6.0 6.0 6.0 6.0 3.0
9.0 9.0 9.0 4.5
10.0 10.0 10.0 5.0
12.0 12.0 12.0 6.0
16.0 16.0 8.0
  • 平板展開前
  • 平板展開前
  • 平板展開後
  • 平板展開後
  • 詳細図
  • 詳細図

ナットと穴間の最小距離

加工限界・寸法範囲 部位例
ナット(圧入) 材質
  • SPCC
  • SPHC
  • SECC
  • SUS304(2B)
  • SUS304(片面#400研磨)
  • SUS304(片面ヘアライン)
  • SUS430(2B)
  • A5052
  • A5052(アルマイト鋼板白)
  • A5052(アルマイト鋼板黒)
呼び径 M3 11.2 12.8 11.2
M4 14.4 13.5 12.1
M5 14.4 14 12.7
M6 15.6 15 13.8
M8 17 16.5 15.6
ナット(スポット溶接) 材質
  • SPCC
  • SPHC
  • SECC
  • SUS304(2B)
  • SUS304(片面#400研磨)
  • SUS304(片面ヘアライン)
  • SUS430(2B)
呼び径 M4 16 15.5
M5 16 15.5
M6 18 16.5
M8 21 17.5
M10 23 18.5
M12 25 19.5

ナットと板端面間の最大距離

加工限界・寸法範囲 部位例
最大距離 材質
  • SPCC
  • SPHC
  • SECC
  • SUS304(2B)
  • SUS304(片面#400研磨)
  • SUS304(片面ヘアライン)
  • SUS430(2B)
  • A5052
  • A5052(アルマイト鋼板白)
  • A5052(アルマイト鋼板黒)
ナット(圧入) 450 290 450
ナット(スポット溶接) 500 930 ※

※R曲げを含む場合は500となります

  • ※平板展開状態にて、任意の板端面とナット中心との距離を測定し、最も小さい値を用いて判定します

刻印と刻印・端面・穴間の最小距離

加工限界・寸法範囲 部位例
板厚 刻印・端面 通し穴・タップ穴・皿穴・中抜き穴 バーリングタップ
  • SPCC
  • SPHC
  • SS400
  • SUS304(No.1)
  • SUS304(2B)
  • SUS430(2B)
限界値 a 保証値 b 限界値 b 保証値 c 限界値 c
0.8 0.8 2.0 4.0 2.0 5.0 3.0
  • ※穴はすべて最外径から、刻印文字の外側との最小距離が計算されます。
  • ※バーリングタップに限り、限界値cは一律3.0mmとなります。
  • ※保証値を下回った場合、刻印が変形する恐れがあります。
1.0 1.0
1.2 1.2
1.5
1.6
2.0 2.0
2.3
2.5
3.0
3.2
4.0
4.5
5.0
6.0 6.0
9.0 9.0
10.0 10.0
12.0 12.0
16.0

刻印と曲げの最小距離

加工限界・寸法範囲 部位例
材質 板厚 保証値 h 限界値 h
  • SPCC
  • SPHC
  • SS400
0.8 6.2 4.2
  • ※材質・板厚毎の最小曲げ高さを、刻印文字の外側との最小距離(限界値)に適用しています。
  • ※保証値を下回った場合、刻印が変形する恐れがあります。
1.0 6.3 4.3
1.2 7.5 5.5
1.6 8.8 6.8
2.0 10.2 8.2
2.3 11.4 9.4
3.2 15.3 13.3
4.5 19.4 17.4
6.0 25.5 23.5
9.0 41.0 39.0
10.0 48.5 46.5
12.0 64.0 62.0
16.0 90.5 88.5
  • SUS304(No.1)
  • SUS304(2B)
  • SUS430(2B)
0.8 6.2 4.2
1.0 6.3 4.3
1.2 6.5 4.5
1.5 8.0 6.0
2.0 9.1 7.1
2.5 13.3 11.3
3.0 13.5 11.5
4.0 19.2 17.2
5.0 25.5 23.5
6.0 27.0 25.0
9.0 41.0 39.0
10.0 48.5 46.5
12.0 64.0 62.0

穴の最小コーナーR

加工限界・寸法範囲 部位例
穴のコーナーRを指定する場合は、0.5mm以上にしてください (透明樹脂は3mm以上からとなります。) 部位例

曲げ加工の条件

曲げ加工の干渉

meviy板金部品の内部では、曲げ加工時の干渉解析が行われています。
解析の結果、金型等への干渉が見つかった場合は、加工不可と判定されます。

例1)正常時における曲げ加工前後のモデルイメージ

曲げ加工の干渉

例2)金型干渉が発生する際のモデルイメージ

曲げ加工の干渉

メッセージが表示された場合は、「干渉画像を確認する」からパーツの干渉状態を確認したのち、形状の変更をご検討ください。
対策後は再度3Dモデルをアップロードして、改めて見積結果をご確認ください。
より具体的な代表例として、コの字曲げ、段曲げ(Z曲げ)の設計ガイドラインを記載します。
以下をご参考ください。

コの字曲げ・段曲げ(Z曲げ)の設計ガイドライン

事前に金型干渉を予防したい場合は、以下の標準形状を参考にモデルを設計してください。

モデリング作成ルール 部位例
外寸AとCの寸法がA≦Cであるとき、内寸Bの寸法はA以上としてください 外寸AとCの寸法は最小曲げ高さ以上としてください (前述の加工限界: 最小曲げ高さを参照) コの字曲げ
段曲げ高さは、A寸法に板厚 t の2倍分を足した寸法としてください A寸法は最小曲げ高さ以上としてください(前述の加工限界:最小曲げ高さを参照) コの字曲げ

ただしmeviyでは、干渉解析の結果を正として製作可否が判断されます。(以下例を記載)

例3)コの字曲げ干渉: 底辺部を調整して加工不可メッセージを解消 (右側は解析時のイメージ図)

 例4)段曲げ干渉: 曲げ高さを調整して加工不可メッセージを解消 (右側は解析時のイメージ図)

曲げ線に平行な突き当て部の有無

曲げ加工時の干渉解析では、曲げ加工を行う際のバックゲージとパーツの突き当てを考慮しています。
曲げ線に対して平行な突き当てが存在しない場合、曲げ加工時のパーツの角度が安定せず、曲げ位置がずれる恐れがあります。
以下のメッセージが出力された場合には、曲げ線に平行な突き当て部をモデリングするよう、形状の変更をご検討ください。

例1)平行な突き当て部がない場合

例2)平行な突き当て部を用意した場合 【自動見積可能】

切り欠きと曲げの最小距離

  • 曲げ加工は、ワーク(加工対象)をダイに載せた状態でパンチを上から押し当てて行います。
  • したがってワークがダイの両端に載らない場合など、曲げ加工ができない形状があります。
  • 切り欠きと曲げの最小距離については、下記を推奨いたします。
  • なお、保証値を下回った場合、パーツの一部が曲げ金型にかからなくなるため、曲げ線がずれるおそれがあります。
  • それに伴い寸法も不正確になりますが、そのまま加工致します。 また限界値を下回った場合は、製作不可となる可能性がございます。その場合弊社よりご連絡致します。
モデリング作成ルール 部位例
  • 板厚tに対して、hの限界値は下記を目安としてください
  • 0.8 ≦ t ≦2.0 のとき、限界値 = 5t
  • 2.3 ≦ t ≦9.0 のとき、限界値 = 4t
部位例
  • 板厚tに対して、bの保証値、限界値は下記を目安としてください
  • 0.8 ≦ t ≦2.0 のとき、保証値 = 2t、限界値=t
  • 2.3 ≦ t ≦9.0 のとき、保証値=なし、限界値 = 2t
部位例

曲げ加工時のナット干渉確認

  • 曲げ加工時の干渉解析では、ナット取付可能部についてはナットの3D形状を再現した状態で解析を実施します。
  • 解析の結果、金型等への干渉が見つかった場合は、当該部はナット取付不可と判定されます。

板金部品のお見積もりエラー事例集

  • meviyにモデルをアップロードした際に「お見積もりエラー」が、生じる可能性がございます。
  • 下記では、エラーの概要と解消方法についていくつか事例をご紹介いたします。

お見積もりエラーとは

meviyにモデルをアップロードした際に、自動見積できないというエラーが発生する場合があります。

プロジェクト一覧におけるエラー有無の確認方法

  • meviyにモデルをアップロードした後、自動見積できない場合は” ”、もしくは” ”のマークが表示されます。
  • この場合は3Dビューワーに遷移いただき、注意事項欄よりエラー内容をご確認ください。

3Dビューワーにおけるエラーメッセージの確認方法

  • 3Dビューワーに遷移いただき、注意事項欄をご確認ください。
  • 「確認」ボタンをクリックすると、エラーメッセージと自動見積可能範囲をご確認頂けます。
  • ただし、エラーによっては自動見積可能範囲の表示がない場合がございます。

エラー箇所の特定方法

  • 「確認」ボタンをクリックいただくと、モデル上においてエラーが発生している箇所がハイライトされます。
  • このエラーが解消されると自動見積可能になります。

事例1:アップロードファイル読込失敗

  • このエラーは、モデルをアップロードした場合に生じるエラーです。
  • meviy非対応の3DCADフォーマットや拡張子を利用された場合に発生します。
  • 解消方法としては、meviyで対応可能なフォーマットをご確認いただき修正ください。

メモ

  • meviyでアップロード可能なフォーマットや拡張子は、下記よりご確認ください。
 

事例2:対象外形状

  • このエラーは、meviy板金部品で自動見積対象でない形状をアップロードすることで発生します。
  • 解消方法としては、見積可能形状をご確認いただき、設計変更を実施いただく必要がございます。
事例2:対象外形状

ポイント

  • 下記メッセージが3Dビューワーに表示されている場合はこのエラーに該当します。
  • ・「対象外形状があります。」

メモ

  • 板金部品のお見積もり可能形状は下記からご確認ください。
  • →板金>対象部品/材料>見積もり可能形状

事例3:対応板厚なし

  • このエラーは、対応している板厚の取り扱いがない場合に発生します。
  • 解消方法としては、対応する板厚にてモデルを修正ください。
事例3:対応板厚なし

ポイント

  • 下記メッセージが3Dビューワーに表示されている場合はこのエラーに該当します。
  • ・「対応している板厚がありません。」

メモ

  • meviy板金部品の場合、既存の板厚材料から切り出し加工をするため、特定範囲の板厚のみお見積り可能となります。

 

事例4:板厚不均一

  • このエラーは、モデリング時の板厚が一定でない場合や、Rの長さの設定が対応ルール範囲外の場合に発生します。
  • 解消方法としては、板金部品をモデリングする際の基本ルールに従って、モデルを修正ください。
事例4:板厚不均一

ポイント

  • 下記メッセージが3dビューワーに表示されている場合はこのエラーに該当します。
  • ・「モデルの板厚が不均一です。」

メモ

事例5:フィーチャー間距離

  • このエラーは、穴と端面、あるいは穴同士の距離が限界値を下回っている場合に発生します。
  • 解消方法としては、穴と端面・穴間の最小距離にしたがって、モデルを修正ください。
事例5:フィーチャー間距離

ポイント

  • 下記メッセージが3Dビューワーに表示されている場合はこのエラーに該当します。
  • ・「○○と××の距離が近すぎます。」

メモ

  • 穴と端面・穴間の最小距離については下記をご確認ください。
  • →板金>設計ガイドライン>加工限界の範囲
  • お困りの際は、担当者見積をご利用ください。担当者見積については下記を参照ください。
  • →見積り条件の設定>[板金]見積もり設定>担当者見積のご案内

事例6:曲げ-タップ間距離

  • このエラーは、曲げ-穴間の距離が限界値を下回っている場合に発生します。
  • 解消方法としては、曲げ-穴間距離を十分に取るか、開口部(逃げ穴)を作成してください。
事例6:曲げ-タップ間距離

ポイント

  • 下記メッセージが3Dビューワーに表示されている場合はこのエラーに該当します。
  • ・「○○と××の距離が近すぎます。」

メモ

  • 穴と曲げの最小距離については下記を参照ください。
  • →板金>設計ガイドライン>加工限界の範囲

 

  • 曲げ線上の開口部については下記を参照ください。
  • →板金>設計ガイドライン>加工限界の範囲

 

  • お困りの際は、担当者見積をご利用ください。担当者見積については下記を参照ください。
  • →見積り条件の設定>[板金]見積もり設定>担当者見積のご案内

事例7:壁高さ過小

  • このエラーは、曲げ高さが限界値を下回っている場合に発生します。
  • 解消方法としては、十分な曲げ高さが取れるようにモデルを修正してください。
事例7:壁高さ過小

ポイント

  • 下記メッセージが3Dビューワーに表示されている場合はこのエラーに該当します。
  • ・「曲げ高さが小さ過ぎます。」

メモ

  • 最小曲げ高さについては下記を参照ください。
  • →板金>設計ガイドライン>加工限界の範囲

事例8:チャンネル部干渉

  • このエラーは、曲げ加工時に製品が金型に干渉する場合は加工不可と判定されるため発生します。
  • 解消方法としては、干渉を避けるようにモデルの修正を行って下さい。
事例8:チャンネル部干渉

ポイント

  • 下記メッセージが3Dビューワーに表示されている場合はこのエラーに該当します。
  • ・「曲げ加工時にパーツと金型等が干渉します。」

メモ

  • 曲げ加工時の金型干渉については下記を参照ください。
  • →板金>設計ガイドライン>曲げ加工の条件

事例9:不明穴

  • このエラーは、認識対象外の穴形状が存在する場合に発生します。
  • 解消方法としては、穴を対象形状に変更し、再度アップロードを実施ください。
事例9:不明穴

ポイント

  • 下記メッセージが3Dビューワーに表示されている場合はこのエラーに該当します。
  • ・「対象外の穴形状があります。」

メモ

 

許容寸法公差

No. 規格部位 基準寸法の区分 規格値※ 部位例
通常曲げ R曲げ(FR曲げ)
板厚6.0mm以下 板厚6.0mm超 板厚3.2mm以下
1 曲げ無し部 6以下 ±0.1 ±0.3 ±0.1 部位例
6を超え30以下 ±0.2 ±0.5 ±0.2
30を超え120以下 ±0.3 ±0.8 ±0.3
120を超え400以下 ±0.5 ±1.2 ±0.5
400を超え1,000以下 ±0.8 ±2.0 ±0.8
1,000を超え2,000以下 ±1.2 ±3.0 ±1.2
2 曲げ加工部 6以下 ±0.3 ±0.5 ±0.5
6を超え30以下 ±0.5 ±1.0 ±1.0
30を超え120以下 ±0.8 ±1.5 ±1.5
120を超え400以下 ±1.2 ±2.5 ±2.5
400を超え1,000以下 ±2.0 ±4.0 ±4.0
1,000を超え2,000以下 ±3.0 ±6.0 ±6.0
  • ※JIS B 0408の金属プレス加工品普通許容差の公差等級:B級(板厚6.0mm以下)、C級(板厚6.0mm超)を採用、R曲げは”曲げ加工部”のみ板厚によらずC級となります。(2023/03に板厚の規格値を変更いたしました。以前のブログ・パンフレットとは乖離が生じます。ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。)
  • ※曲げが無い部品は”曲げ無し部”のみが適用されます。
  • ※塗装をご指定された場合、生地状態での規格値となります。

許容寸法公差が適用される箇所は、同じ面の穴間や、曲げによって隣接した端面・垂直面との寸法に限ります。
隣接していない面にある(複数の曲げ加工部をまたぐ)穴間・穴-端面の寸法については許容寸法公差は適用されません。

例1)許容寸法公差が適用される寸法例

例1)許容寸法公差が適用される寸法例

例2)許容寸法公差が適用されない寸法例

例2)許容寸法公差が適用されない寸法例

穴加工の仕様

バーリングタップ
No 規格部位 規格値 部位例
1 フランジの厚み 板厚 x 1/2 程度(参考値) 部位例
2 フランジの高さ 板厚程度(参考値)
皿穴
No呼び径M3M4M5M6M8M10M12M14M16部位例
1皿穴径 D基準寸法6.38.310.412.516.520.024.528.532.5部位例
最大値6.99.611.113.317.822.426.530.534.5
2下穴径 d基準寸法3.44.35.36.58.510.512.514.516.5
最大値4.77.08.49.913.814.214.516.518.5
3皿の厚み t参考寸法1.5~1.62.0~2.32.5~2.72.2~2.93.2~3.84.9~5.16.07.08.0

※六角穴付き皿ボルト(JIS-B1194)を使用したとき頭部が飛び出ないよう製作いたします。

ナット(圧入)
No 呼び径 M3 M4 M5 M6 M8 M10 M12 部位例
1 二面幅 5.5 7.0 8.0 10.0 13.0 15.0 17.0
2 ナット高さ 2.1 2.3 3.1 4.1 4.6 6.1 7.1
  • ※ナット(圧入)数値については参考値になります。
  • ※ナット(圧入)の回転方向の取付角度は任意となります。
ナット(スポット溶接)
No 呼び径 M4 M5 M6 M8 M10 M12 部位例
1 二面幅 11.0 11.0 13.0 15.0 17.0 19.0
2 ナット高さ 4.2 4.2 5.2 6.7 8.2 9.8
  • ※ナット(スポット溶接)の数値については参考値になります。
  • 上記の表の数値と同等のナットをそれぞれ使用させていただいます。
  • また、ナット(スポット溶接)は、JIS B1196:2010準拠品で強度区分5のナットを使用します。
  • ※ナット(スポット溶接)の回転方向の取付角度は任意となります。

曲げ加工の仕様

曲げ加工仕様

通常曲げ加工
No. 規格部位 規格値 部位例
1 曲げ角度公差 板厚10㎜以下:±1.0° 板厚10㎜超 :±1.5° 部位例
2 内r 板厚程度(参考値)
3 外R 外R=板厚×2程度(参考値)
R曲げ形状(FR曲げ加工)
No. 規格部位 規格値 部位例
1 曲げ角度公差 ±2.0° 部位例
2 内r モデリング寸法(参考値)
3 外R 内r+板厚程度(参考値)

曲げによる膨らみ​

規格値 部位例
右図箇所に、板厚の15%程度の膨らみ(コブ)が出来ます 部位例

曲げによるキズ

規格値 部位例
右図箇所に、曲げ金型の痕が付きます 部位例
R曲げ形状はFR曲げ加工(送り曲げ加工)を行うため、金型痕がつきます
■表面処理なし(A5052)
曲げ内側 曲げ外側
■塗装
曲げ内側 曲げ外側

曲げによる割れ目(A5052)

規格値 部位例
A5052は材料の特性上曲げた際に若干の割れ目が発生します。
  • ■A5052(板厚6.0mm)
  • 部位例

切断面の外観

外観仕上げ

切断面

加工方法によって、切断面の外観は異なりますのでご留意ください。

(加工方法の指定はできません)

切断面

メッキ処理品の切断面

無電解ニッケルメッキ

四三酸化鉄被膜

三価クロメート(白)

三価クロメート(黒)

抜き方向のバリ・かえり

規格値 部位例
右図の箇所(体裁面裏側)に、抜き加工により 0.1mm以下のバリ・かえりが生じる場合があります 部位例

糸面取りについて

規格値 部位例
  • 右図の箇所に、板金部品の抜き加工時に発生する バリ・かえりをR0.1 相当で仕上げ致します。
  • 通常品は0.1mm以下のバリ・かえりを保証しております。
  • 通常品
  • 糸面取り(R0.1 相当)

糸面取りの外観

アクリル透明 板厚8.0mm
アクリル透明 板厚8.0mm
SUS304(2B) 板厚3.0mm
SUS304(2B) 板厚3.0mm

糸面取りの仕上がり

  • 両面バリ取り機を使用してバリ・かえりの除去を行うため、体裁面に細かな傷が入る恐れがございます。
  • 刻印サービスとの組み合わせは文字が薄くなる恐れがあるため糸面取り対象外です。
  • 透明樹脂製品は通常品で糸面取りの仕上げをしております。

ヘアライン方向について

  • SUS304(片面ヘアライン)は、体裁面側にヘアライン仕上げが施されています。(右図参照)
  •  
  • ヘアライン仕上げの研磨方向は「ヘアライン方向」と呼ばれ、meviy板金サービスでは、3Dモデル形状を展開してできる展開図の長手方向をヘアライン方向としています。
  •  
  • その他の方向での製作をご希望の場合は、meviyサポートでのお見積りをご利用ください。
展開図の長手方向を決定するロジック
展開図の最大矩形を算出し、その矩形において最長辺となる方向を水平に展開します。
展開図の長手方向を決定するロジック
ヘアライン方向が任意となる形状
展開図の最大矩形が一意に定まらない形状、あるいは矩形における最長辺が定義 できない形状もございます。このような形状につきましては、ヘアライン方向は任意となります。meviyサポートでのお見積りにてご希望の方向指定が可能です。
ヘアライン方向が任意となる形状
展開寸法計算時に生じる影響

製作上展開寸法を計算する際には曲げによる伸びの影響を考慮する必要があります。

SUS304(片面ヘアライン)の場合、曲げ1箇所につき板厚の2倍程度の伸びが 生じるため、展開寸法はその分短くなります。その結果、3Dモデルと展開図上の 長手方向が入れ替わることがございますのでご注意ください。 (右図参照)
展開寸法計算時に生じる影響

メッキ鋼板について

  • A5052(アルマイト鋼板白・黒)は、メッキ処理が施された材料を加工します。(右図参照)
  • そのため、加工面(切断面)はメッキ処理が施されておりません。
  • 加工面にメッキ処理をご希望の場合は、アルマイトメッキ処理品をご利用ください。
※材料についてはこちらをご確認ください

アルマイト鋼板の外観

製品の仕上がり

  • 曲げ部分でメッキ剥がれが起こる可能性があります。
  • 加工面はメッキ処理が施されません。
  • ※形状や加工面によって色味の違いが発生致します。膜厚指定はできません。
  • ※納期種別により、メッキ品の外観で若干色味の差異が生じる場合がございます。
  • ※圧入ナットで使用するナットはアルマイト処理がされておりません。
A5052(アルマイト鋼板白) 板厚3.0mm
A5052(アルマイト鋼板黒) 板厚3.0mm

メッキ・塗装品ついて

メッキ・塗装時の吊り治具痕が残る場合があります(右図参照)。
表面処理 膜厚 ※1​
無電解ニッケルメッキ 5~10μm
四三酸化鉄被膜 1μm~
三価クロメート(白) 5~15μm
三価クロメート(黒) 8~13μm
アルマイト(白) 5~15μm
アルマイト(黒) 10~15μm
アルマイト(つや消し黒)
  • 塗装品の下地処理はリン酸鉄皮膜を施しております。
  • 主な品質基準は下表の通りです。数値は目安値となります。
粉体塗装​ 溶剤塗装​
膜厚​ ※1 80±30μm 30±15μm
焼付温度 180℃ 140℃
焼付時間 20~30分
塩水噴霧試験 ※2 120時間 72時間
  • ※1 形状によって膜厚が異なる恐れがあるため保証値ではございません。
  • ※2 JIS Z2371 塩水噴霧試験方法を採用
  •  (粉体:180℃ 20分焼付時、60±5μm、溶剤:100℃ 20分焼付時、25±5μm)
膜厚計による確認、テープでの引きはがしやテストピースでの碁盤目試験を実施しております。また『きょう雑物測定図表』を参照し色味、ゴミ・ブツ、くぼみなど目視で外観を確認、タップ穴はボルトを通し、機能していることを確認しております。
お手入れは、柔らかい布やスポンジ等を用い「水拭き」または「中性洗剤を薄めたもので拭いた後水拭き」し、その後「乾拭き」してから乾かしてください。シンナー・ベンジン等の石油系溶剤やアルコールのご使用はお控えください。
塗装品の穴加工部

刻印について

刻印の仕様

刻印設定

刻印設定

  • 板金での刻印は、体裁面に限り、3Dビューワー上にて内容入力・配置(角度や位置指定)が可能です。
  • 1面に対する複数刻印、複数面への刻印も指示頂けます。

刻印の外観

刻印文字の仕上がり

刻印文字の仕上がり

  • ・板金の刻印サービスは、レーザーのケガキ加工によるマーキングです。
  • ・文字幅(約0.1mm)、彫りの深さ、文字同士の間隔については、 ご指定いただくことはできません。
  • ・文字サイズ・角度は目安値となり、精度保証はいたしかねます。
注意点

注意点

  • ・材質や加工機、レーザーの照射具合によって、文字の周りに焦げが生じる恐れがあります。
  • ・材質によっては、刻印の仕上がりが薄くなる恐れがあります。
  • ・また刻印文字サイズが小さい場合(3~5mm程度)や文字の形状が複雑な場合は、文字潰れの恐れがあります。

パンチングメタル加工仕様

規格値 部位例
切断面と穴位置の関係は任意となります (切断面や穴が途切れた箇所は特に鋭利になるため、取り扱いに注意してください) 部位例

透明樹脂加工仕様

加工寸法の普通許容差

外形の許容差は、±1.0となります。その他箇所の許容差は下表をご確認ください。
規格部位 公差等級 基準寸法の区分 許容差
記号 説明
面取り部分を除く長さ寸法に対する許容差 m 中級 0.5以上3以下 ±0.1
3を超え6以下 ±0.1
6を超え30以下 ±0.2
30を超え120以下 ±0.3
120を超え400以下 ±0.5
400を超え1000以下 ±0.8
1000を超え2000以下 ±1.2
面取り部分の長さ寸法に対する許容差 c 粗級 0.5以上3以下 ±0.4
3を超え6以下 ±1
6を超えるもの ±2

※JIS B 0405の削り加工の普通許容差を採用

規格値 部位例
モデルがピン角またはR3未満のとき、加工R3程度が付きます。 (ピン角またはR3未満での仕上げをご希望の場合は、meviyサポートにお見積をご依頼ください。) 部位例

透明樹脂の寸法変化

樹脂は金属と異なり、温度や湿度で変形したり、寸法変化をし易い材質です。
下記の通り精度保証をいたします。

 

・検査は温湿度管理された環境にて行っております
・精度保証は出荷時点の検査結果に基づくものとなります

品質管理について

外観の品質保証範囲

切断面 塗装時の吊り治具痕
切断面_レーザー加工時 切断面_タレットパンチプレス加工時 塗装時の吊り治具痕

表面

  • 体裁面は、爪がかかる傷無きこと
  • 体裁面でない面は、加工上の傷が入ることが有ります。
抜き方向のバリ・カエリ 曲げによる傷 曲げによる膨らみ(コブ)
抜き方向のバリ・カエリ 曲げによる傷 曲げによる膨らみ(コブ)

加工部(抜き、曲げ)

  • 抜き加工時に発生する0.1mmを超えるバリ・カエリは、除去致します。
    ※糸面取りやC面取りにはなっておりません。
  • 外形に面取りやフィレットが必要な場合はモデリングしてください。ただし 板厚方向への面取りフィレットは、対象外になります。
  • 加工方法により、切断面の外観は異なりますのでご留意ください。 (加工方法の指定はできません)
  • 塗装時の吊り治具痕が残ることがあります。
  • 曲げ加工時に金型による加工跡が残ります。
    ※SUS304(片面#400研磨)・SUS304(片面ヘアライン)は、体裁面に保護シートをつけ傷を抑止しております。
  • 曲げ加工時に曲げ部の両側に板厚の15%程度の膨らみ(コブ)が出来ます。

商品外観注意点

4879_13
4879_14

SUS304(No.1) 板厚12㎜

SS400 板厚16㎜

切断面

  • 厚板(6.0mm超)の場合、レーザー切断による焼け跡が目立つ恐れがあります。
4879_15
4879_16

穴内部の凹凸

裏面の穴形状崩れ

穴加工部

  • 穴内部に凹凸が生じることがあります。また商品裏面から見た場合穴の形状が多少崩れていることがあります。

検査項目

検査風景① 検査風景②
検査風景① 検査風景②

検査内容

  • 外観検査:傷、打痕、ムラ、塗装状態、表面処理状態(目視)(刻印では視認性(刻印文字が読み取れること)を基準にしています。)
  • 寸法確認: viewer表示寸法(デジタルノギス、角度測定器等)
  • 検査タイミング:各工程や出荷前検査

板金・シムプレートの許容寸法公差

No. 規格部位 基準寸法の区分 規格値※
通常曲げ
R曲げ
(FR曲げ)
板厚
6.0mm以下
板厚
6.0mm超
板厚
3.2mm以下
1 曲げ無し部 6以下 ±0.1 ±0.3 ±0.1
6を超え30以下 ±0.2 ±0.5 ±0.2
30を超え120以下 ±0.3 ±0.8 ±0.3
120を超え400以下 ±0.5 ±1.2 ±0.5
400を超え1,000以下 ±0.8 ±2.0 ±0.8
1,000を超え2,000以下 ±1.2 ±3.0 ±1.2
2 曲げ加工部 6以下 ±0.3 ±0.5 ±0.5
6を超え30以下 ±0.5 ±1.0 ±1.0
30を超え120以下 ±0.8 ±1.5 ±1.5
120を超え400以下 ±1.2 ±2.5 ±2.5
400を超え1,000以下 ±2.0 ±4.0 ±4.0
1,000を超え2,000以下 ±3.0 ±6.0 ±6.0

一般公差:JIS B 0408 B級(板厚6.0mm以下)、C級(板厚6.0mm超)

  • 塗装をご指定された場合には、生地状態での保証となります。
  • 許容寸法公差が適用される箇所は、同じ面の穴間や曲げによって隣接した端面・垂直面との寸法に限ります。
    ※隣接していない面にある(複数の曲げ加工部をまたぐ)穴間・穴-端面の寸法における許容寸法公差は適用されません。
    下図「適応外の寸法例」を参照
部位例 適応外の寸法例
部位例 適応外の寸法例

透明樹脂の寸法保証範囲

規格部位 公差等級 基準寸法の区分 許容差
記号 説明
面取り部分を除く長さ寸法に対する許容差 m 中級 0.5以上3以下 ±0.1
3を超え6以下 ±0.1
6を超え30以下 ±0.2
30を超え120以下 ±0.3
120を超え400以下 ±0.5
400を超え1000以下 ±0.8
1000を超え2000以下 ±1.2
面取り部分の長さ寸法に対する許容差 c 粗級 0.5以上3以下 ±0.4
3を超え6以下 ±1
6を超えるもの ±2

※JIS B 0405の削り加工の普通許容差を採用

加工寸法の普通許容差

  • 外形の許容差は、±1.0となります。その他箇所の許容差は左表をご確認ください。

透明樹脂の寸法変化

  • 温度や湿度による寸法変化については下記条件の元、精度保証をいたします。
  •  - 検査は温度管理された環境にて行っております。
  •  - 精度保証は出荷時点の検査結果に基づくものとなります。

透明樹脂のR

  • モデルの内角がピン角またはR3未満のとき、加工R3程度が付きます。 下図「透明樹脂の内角R」を参照
  • 内角についてピン角またはR3未満での仕上げをご希望の場合は、meviyサポートにお見積をご依頼ください。
透明樹脂の内角R
透明樹脂の内角R

ナット取付製品の品質管理について

ナット取付製品の外観について​

ナット(圧入)の取付品

  • SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)、SPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)およびA5052(アルマイト鋼板白・黒)は、ナット取付により一部メッキ剝がれが起こる可能性があります。
  • 板端部付近のナット取付により、板端部が膨らむことがあります。

ナット(スポット溶接)の取付品

  • 鉄材質へのスポット溶接でのナット取付品は、やすり等を用いて焼け取りを行います。擦過痕が入ることがあります。
  • SECC(電気亜鉛メッキ鋼板)およびSPCC(溶融亜鉛メッキ鋼板)は、ナット取付により一部めっき剝がれが起こる可能性があります。また、めっき剥がれの原因となるため、焼け取り研磨は実施しません。
  • ステンレス材質へのスポット溶接でのナット取付品は、電解研磨にて焼け取りを行います。仕上げ痕が残る可能性があります。
  • ウェルドナットのプロジェクション部が溶出したものが出ることがありますが、以下項目検査し締結性に問題ないことを確認します。
    • ボルトが通ること
    • 突起部が板厚面より凸にならないこと

ナット取付品の強度保証について

ナット(圧入)の取付品

  • 圧入ナット取付品の強度保証は致しませんが、締結性に問題ないことを確認のうえ出荷いたします。

ナット(スポット溶接)の取付品

  • ナット(スポット溶接)取付品の強度保証は致しませんが、締結性に問題ないことを確認のうえ出荷いたします。また、JIS B1196準拠の方法にて定期的に評価を行います。

見積もり対象形状

  • 板金溶接部品として見積もり可能な製品形状、および溶接対象となる形状要素は下記の通りです。
  • 外形や寸法条件により下記形状でも製作できない場合がございます。
  • 製作できない場合、画面上の注意事項、またはご注文後にmeviyサポートからお知らせいたします。

材質・表面処理

  • 板金溶接サービスでの対応材質・表面処理は以下の通りです。
  • 〇:自動見積可能、△:自動見積はできないが、担当者見積は可能
  • ※ 溶接種類・溶接仕上げ方法の詳細は「対応できる溶接種類と仕上げ方法」をご確認ください。
材質:鉄系 表面処理 板厚 ※1 溶接仕上げ:焼け取りのみ 溶接仕上げ:グラインダー仕上げ
SPCC/SPHC 1.0 1.2 1.6 2.0 2.3 3.2 4.5 6.0
塗装※2
無電解ニッケルメッキ
四三酸化鉄皮膜
三価クロメート(白)
三価クロメート(黒)
SS400 9.0 10.0 12.0 (16.0)※3
塗装※2
無電解ニッケルメッキ 9.0
四三酸化鉄皮膜
三価クロメート(白)
SECC(電気亜鉛メッキ鋼板) 電気亜鉛メッキ ※4 1.0 1.2 1.6 2.0 2.3 3.2
材質:ステンレス 仕上げ方法 板厚 溶接仕上げ:焼け取りのみ 溶接仕上げ:グラインダー仕上げ
SUS304 No.1 9.0 10.0 12.0
2B 1.0 1.2 1.5 2.0 2.5 3.0 4.0 5.0 6.0
片面#400研磨 ※5※6 1.0 1.2 1.5 2.0 3.0
片面ヘアライン ※5※6※7
SUS430 2B 1.0 1.2 1.5 2.0 3.0
材質:アルミニウム 表面処理 板厚 溶接仕上げ:焼け取りのみ 溶接仕上げ:グラインダー仕上げ
A5052 1.0 1.2 1.5 1.6 2.0 2.5 3.0 4.0 5.0 6.0
アルマイト(白)
アルマイト(黒)
アルマイト(つや消し黒)※8
材質:パンチングメタル材 孔径×孔ピッチ ※9 開口率 板厚 溶接仕上げ:焼け取りのみ 溶接仕上げ:グラインダー仕上げ
  • パンチングメタル(SUS304-BA)
  • -丸孔60°千鳥タイプ-
Φ2×3p 40.3% 1.0
Φ3×5p 32.7% 1.0 1.5
Φ5×8p 35.4%
Φ8×12p 40.2% 1.5
  • ※1 板厚公差は±10%が目安となります。
  • ※2 全12色を展開しています。詳細は「塗装色の種類」よりご確認ください。

    一部の塗装品(粉体塗装2色(5Y7.2/1.4,5P9/1)、溶剤塗装5色の板厚6mm以上は対応しておりません。

  • ※3 SS400の板厚16.0mmは担当者見積のみ承ります。
  • ※4 前処理剤の為、加工面にはメッキがのりません。
  • ※5 溶接部およびその周辺を除き、保護シート(片面のみ)が貼付けされた状態で納品します。
  • ※6 体裁面側が研磨面となります。
  • ※7 ヘアライン方向については板金マニュアル「ヘアライン方向について」をご確認ください。
  • ※8 アルマイト(つや消し黒)は切り起こし形状非対応となります。
  • ※9 孔径、孔ピッチの規格については下図を参照ください。ただし、孔ピッチ方向は任意となります。
  • 孔ピッチ方向は長手と平行

見積可能なサイズ

  • 自動見積可能な製品サイズ範囲は以下の通りです。
  • 製品を構成するパーツ単位で外形寸法(長手方向)の上限があります。詳細は板金部品サービスの材質・表面処理・サイズをご確認ください。
  • 自動見積範囲外サイズの製品は担当者見積にてご依頼頂けます。
材質:鉄系 表面処理 製品外形寸法[mm](縦・横・高さの合計) 構成パーツの最大辺[mm](※2) 製品重量[kg]
SPCC/SPHC
SS400
30~1500 ※1 ~1200 ~20
塗装
無電解ニッケルメッキ
四三酸化鉄被膜
三価クロメート(白)
三価クロメート(黒)
  • SECC
  • (電気亜鉛メッキ鋼板)
電気亜鉛メッキ
材質:ステンレス系 仕上げ方法 製品外形寸法[mm](縦・横・高さの合計) 構成パーツの最大辺[mm] 製品重量[kg]
SUS304 2B 30~1500 ~1200 ~20
片面#400研磨
SUS430 2B
材質:アルミニウム 表面処理 製品外形寸法[mm](縦・横・高さの合計) 構成パーツの最大辺[mm] 製品重量[kg]
A5052 30~1500 ※1 ~1200 ~20
アルマイト(白)
アルマイト(黒)
アルマイト(つや消し黒)
  • ※1 表面処理や材質によって縦横高さ寸法(別表)は異なります。
  • ※2 SS400の板厚10㎜のみ構成パーツの展開寸法の最大値が460×430となります。
  • (別表)
  • 表面処理毎のサイズ上限
外形寸法[mm](上限)
高さ
無電解ニッケルメッキ1200800300
四三酸化鉄被膜
三価クロメート(白)
三価クロメート(黒)1150900120
A5052(表面処理なし)1200920920
アルマイト(白)600400
アルマイト(黒)
アルマイト(つや消し黒)1100800400

板厚違いの見積可能条件

  • 板厚が2種類以上で構成されている板金溶接部品もお見積もり可能です。
  • 見積もり可能条件は以下を参照ください。

板厚違いのモデリングルール

板厚が2種類以上で構成されている板金溶接部品は板厚毎にソリッドを分けてモデリングしてください。

見積もり可能な板厚の組合せ

見積もり可能な板厚の種類数には制限があります。下表を参照ください。
板厚種類数
自動見積可能 3種類以内
担当者見積可能 5種類以内
見積不可 6種類以上
  • 自動見積もり可能な材質グループと板厚の最小最大の組合せ範囲は下表を参照ください。
  • 材質グループを跨いだ異材質の組合せには対応しておりません。
材質グループ1 板厚の組合せ範囲
最小 最大
SPCC/SPHC SS400 ※1 1.0 2.0
1.2 2.3
1.6 3.2
2.0 4.5
2.3 6.0
3.2 9.0
4.5 10.0
6.0 12.0
9.0 16.0
※1 構成パーツにSS400の板厚16.0mmを含む場合、または表面処理に溶剤塗装を選択された場合、板厚違いは担当者見積のみ承ります。
材質グループ2 板厚の組合せ範囲
最小 最大
SECC(電気亜鉛メッキ鋼板) 1.0 2.0
1.2 2.3
1.6 3.2
材質グループ3 板厚の組合せ範囲
最小 最大
SUS304(2B) SUS304(No.1)※2 1.0 2.0
1.2 2.5
1.5 3.0
2.0 4.0
2.5 5.0
3.0 6.0
4.0 9.0
5.0 10.0
6.0 12.0
※2 構成パーツにSUS304(No.1)を含む場合は、担当者見積のみ承ります。