CADものづくり基礎知識機械設計

3D CADの活用で実現できる図面レス

3次元の単独図を利用して図面レスの検討を行っている製造業が多くありますが、実際に図面レスが達成出来ている会社はそれほどありません。その一方で、3D CADを活用して完全図面レスを達成している会社もあります。3D CADの活用で図面レスに向いている製品と、向いていない製品について説明します。

図面レスに向いている製品

製品の中には図面レスに向いている物があります。これらの製品は実際に図面レスで設計、製造されています。例えばヘッドフォン、スピーカーなどのアクセサリー製品です。これらは自由曲面で構成された意匠形状が主体になっており、2D CADを利用していた時代から2次元図面で完全には表現できない製品でした。そのため図面は参考図レベルで描くことしかできずに実際の承認は現物(モックアップや、金型)で行われていました。

3D CADが普及すると2D CADでは表現できなかった自由曲面が完璧に表現できる様になり、現物承認の代わりに3次元モデルの利用した図面レス業務にスムーズに移行することができました。

3D CADを活用した図面レスでの業務フロー

図面レスでの業務フローとは、3Dモデルを中心としたプロセスですので、途中に図面が介在することはありません。

① デザイン検討

デザイナーはデザイン案を3D CADでモデル化しますので、CG機能などでモックアップを作成することなくデザイン検討が可能になりました。またシームレスに検討後の3次元モデルを設計部門に渡すことができます。

② 設計によるバラシ

設計者は3D CADを使ってデザイナーから供給された3次元モデルで製造可能性を考慮しながらパーティングライン設定や、内部機構検討(ボス、リブなど)を行い、最終的に3次元のアセンブリを完成させます。また寸法公差や、幾何公差は基本的に一般公差として図面は描きません。

*意匠部品は精密機械部品と異なり高精度を求めませんので、一般公差で十分に対応できます。

③ 試作確認

国内の試作メーカーに試作品を手配する場合は2次元図面が必要でしたが、海外(アジア)の試作メーカーの多くは2次元図面を要求せず3次元モデルだけで試作品や、仮型作成を行っています。受け入れ検査は3次元データ対応の3次元測定器を利用して行い、実際に組み立てた際に部品同士の合わせに問題がなければOKとなります。

④ 生産

樹脂成形金型を3次元モデルで手配し、承認作業も3次元測定器などで行います。さらに組み立て治具も3次元モデル基準で準備されます。

*以上全てのプロセスが図面レスで行うことができます

図面レスに向いていない製品

精密機械など、詳細な加工情報が必要な製品(部品)は2次元図面で寸法公差、幾何公差などを指示する必要があり、現状は図面レスに向いていません。
これらの製品には深く図面文化が根付いており、図面レスのプロセスに変えていくために多くの時間が必要でしょう。

こちらから、最近の3D技術のトレンドに関する資料を無料でダウンロードいただけます。

ピックアップ記事