お客様事例製作事例

meviyなら明後日には、なんとかなる!調達フローを省略して最速注文、最短納期|ものづくりアイデア特集【#16】

文部科学大臣賞受賞記念キャンペーンにご応募いただきましたお客様より、普段はmeviyをどのようにご活用いただいているのか、取材させていただきました。

外観検査装置のスポット照明ブラケット

製作者:K・Kさま|業種:電子部品・デバイス・電子回路製造業 |meviy利用歴:1年以上
担当業務: 射出成型したプラスチック製品のハンドリングマシンや自動車部品の検査装置開発。機械(メカ)設計、設備設計、治具設計を担当。

車両用部品 の外観検査装置 車両用部品 の外観検査装置
meviyで注文した3種類の板金部品を組み合わせて、3次元的に照明が当たるようにスポット照明ブラケットを製作。角度や位置を調整し、安定した照度でワークを照らす。
追加で穴あけ加工を施しても、錆びに強く長期的に使用できるステンレスを使用。
外観検査装置のスポット照明ブラケット
meviy FA 利用サービス:meviy FA(板金部品)
材質:SUS304(2B)
表面処理:なし|公差指定:一般公差
納期の目安:3日|価格の目安:2,000~4,400円

形状の異なる板金部品を組み合わせて3次元的な照明ブラケットに

自動車用部品 を製造する工程で、射出成型されたプラスチック製品の外観検査装置を開発しています。
今回meviyを利用して製造したのは検査装置に設置するスポット照明ブラケット
形状の異なる板金部品を3つ組み合わせて、外観検査の照明を保持するためのブラケットで、3次元的に照明が当たるよう工夫しました。

材質にステンレスを選択した理由は、長く使用するために錆びないこと。
例えば、追加工が必要になり穴をあけたとして、鉄だと表面処理をしていたとしても穴をあけた箇所から錆びていってしまいますが、錆びに強いステンレスであれば長く使っていてもその心配はありません。
表面処理も不要ですし、価格と納期で目的のバランスがとれた注文ができたと思います。

形状変更も再見積もりのやり取り不要!meviyなら一瞬で済む

たしか、meviyを知ったのはミスミからのメールでした。
FAのサービスが出た時に「これはスゴイ!」と思って、試しに見積もり。納期を見たら、めちゃくちゃ早い(笑)。他の加工屋さんに頼むより「meviyでいいや!」と思って利用したのが最初だったと思います。

加工可否の判定も早い段階で回答が分かるのが良いですね。
例えば、板金部品で加工可否の判断が自分では難しい場合に、とりあえず適当に形状を作ってmeviyにアップロードすると、自動見積もりができない時は「ココができません」って教えてくれるので、それを見て自分で必要な形状とmeviyでできる形状を工夫しながら最終的な形状を作ることができます。
板金部品は加工で分からないことがあったりするので、この機能は非常に助かります。

仕事のフロー上、どうしても図面は描くことになりますが、間違えた図面や加工可否の判断がつかないものを加工屋さんに頼んでしまうと、その際の見積もり回答は早くて数時間、遅い場合は回答だけで1週間以上 待つことになります。
その場合に、「部品の加工ができないから形状変更してください」と言われてから対応して再見積もりすると、また回答を待つことになるので相当な時間がかかります。

それが、meviyなら一瞬で済む。再見積もりに時間が全くかからないというのは、最大のメリットだと思います。

「ポチッ」とするだけで欲しい部品が届く。購入のしやすさは絶大!

会社の加工部品の調達フローは、まず加工業者に見積もりを取り、発注依頼を社内システムにのせ、調達担当の部署を経由して発注という流れ。これだけで大変面倒な手続きです。
それが、meviyの場合は型番を会社指定の専用システムにのせて「ポチッ」と注文するだけで3日後には欲しかった部品が届く。この購入のしやすさは絶大!本当に楽になりました。

また、納品後のフローにも大きな変化がありました。
今までは納品された部品は検収が必須で、専任の担当者がいないと検収が終わらないことも。最終的に調達担当に怒られるので、担当者の時間を確保することに必死になっていました。
検収の担当者を探して社内を半日歩き回ったことも(笑)

meviyで注文した部品に調達フロー上の検収は必要ないため、その手間が発注だけになりました。
人為的な無駄を大幅に削減。これは課題解決的には凄いことです。

急な案件が発生してもmeviyなら、なんとかなる!

いつもの加工屋さんに最短2日で仕上げてもらっても、見積もりのやり取りを含めれば納品まで1週間はかかりますが、meviyなら、それが3日で届く。見積もりのやり取りから合計すると72時間以上の時間が削減されています。

調達時間の比較

「今すぐこれを改善してほしい」という急な案件が発生しても、meviyなら明後日には、なんとかなる。かなりの時間削減効果だと思います。

削減された時間は、自分で開発している外観検査装置で実際の撮影をする時間に当て、自分の作った設備のテストに活用しています。その他にも、設備・装置の自動化や改善改修など他業務に注力できる時間を確保しています。

一方で、1装置に150点の部品があるとして、その中で加工が必要な部品は70点~80点ほど。その8割はmeviyで注文した部品を使っています。
裏を返せば、2割はmeviyで対応できていない部品というわけです。

弊社の部品の製作と検査には、いわゆる「丸物」で受け台を作る必要があります。「丸物」の受け台は公差が厳しいので、旋盤加工で幾何公差がある部品をmeviyで加工できるようになったら、ありがたい。

meviyは価格だけ見ると安くはないと思う人もいると思いますが、短縮された時間を考えれば、めちゃくちゃ安いです。時間は買えないですからね。

お客様から「明後日に持ってこい」と言われたら、明後日に持っていくしかないですから。そういう時にmeviyなら、なんとかなる!本当に助かっています。

課題
  • 加工ができないと言われてから、再見積もりの回答を得るまで最大2週間待つことになる。
  • 社内で承認を得てから部品を調達するまでに時間と手間がかかる。
  • 納品後の検収に担当者を探し回り、想定外の時間が発生。
導入効果
  • 見積もり回答時間は一瞬。加工可否もその場で分かる。
  • 社内の面倒な調達フローを省略して、型番だけで部品が注文できる。
  • 検収作業の必要がなくなり、人為的な無駄を省くことができた。

 

この記事の著者

株式会社ミスミ
meviy編集部

meviy(メヴィー)は、「ものづくりに創造と笑顔を」というミッションを掲げ、部品調達におけるムダ削減に取り組んでいます。
meviyのインフォメーションサイトを運営するmeviy編集部では、ミスミのカタログ販売で長年培った知見を活かして、部品加工に関するトピックを丁寧にわかりやすく解説しています。また、商品やサービスの新着情報もいちはやくインフォメーションでお届け。

ピックアップ記事