お客様事例製作事例

修正改善の早回し!試作品製作で求めるスピードにmeviyは最適|ものづくりアイデア特集【#25 】

meviy FAサービスをご利用のお客様より、普段meviyをどのようにご活用いただいているのかを取材させていただきました。

血液バッグ解凍器の次期バージョン試作機

製作者:K・Kさま |業種:電気機械器具製造業|meviy利用歴:10か月
担当業務:プロダクトデザイン、メカ設計、電気設計、プログラミングを担当。(北陽電機株式会社)

血液バッグ解凍器の試作機(カバーなし) 血液バッグ解凍器の試作機(カバーなし)
弊社の一番人気商品「FFP解凍器FP-2000」の次期バージョンの試作で利用。さらなる高性能を求めて大幅に改良し、機械の構造は製造現場が組み立てやすくメンテナンスもしやすいよう心がけた。
ガイド側板 ガイド側板
穴の形が特徴的な板厚2mmのパネル部品。パネルそのものが骨格になっており、それぞれの穴は、可動部のローラーガイド、ケーブルの通し穴、センサーの取り付け穴、軽量化のための肉盗り穴、ねじ穴で機械的な構造のベースになっている。
meviy FA 利用サービス:meviy FA(板金部品)
材質:SUS304(2B)
表面処理:なし|公差指定:一般公差
納期の目安:5日|価格の目安:2,900円
側板サポートR 側板サポートR
「ガイド側板」と連結して箱形の骨組みを構成するための部品。製品の左右の持ち手や接地面のゴム脚などがつくため剛性を確保する目的でSUS材を選択。軽量化のため肉盗りは大きく。フランジ6か所のうち4か所がタップ穴付きで、板厚は2mm。

 
meviy FA 利用サービス:meviy FA(板金部品)
材質:SUS304(2B)
表面処理:なし|公差指定:一般公差
納期の目安:7日|価格の目安:7,900円
配線フレーム 配線フレーム
電気制御系が載る躯体は軽量化のためアルミを選択し、4点の部品で構成。メカ側からの可動ケーブルの固定や、メカ系と電気系の物理的な隔離も、配線フレームの役割。板厚は2mm。

 
meviy FA 利用サービス:meviy FA(板金部品)
材質:A5052
表面処理:なし|公差指定:一般公差
納期の目安:3日|価格の目安:5,800円

医療用電気機器の試作機製作でmeviyを利用

弊社では、医療用解凍器の開発、製造、販売を行っており、meviyの部品は研究・試作の段階で使用しています。「FFP解凍器」とは、凍結保存されている血液バッグを輸血前に解凍するための医療機器です。

今回は弊社の一番人気商品「FFP解凍器FP-2000」の次期バージョンの試作で利用しました。さらなる高性能を求めて大幅に改良し、機械の構造は製造現場が組み立てやすくメンテナンスもしやすいよう心がけました。

こんな便利なツールは、使わない理由がない

今回の試作でmeviyを初めて利用しました。「CADの3Dデータで部品ができるサービス」と、ざっくりとはmeviyを知っていましたが、実際に利用してみるとすぐに価格と納期が画面で確認できて、まず納期の早さに驚きました。えっ、実働3日で出荷できるの?って。

これなら試作に持ってこいだと思いました。しかもCADの3Dデータだけで図面作成が不要なため、すごく時間短縮になりました。

価格に関しても試作時は「時間をお金で買う」という感覚でやっているので、あまり気にしませんでしたが、すぐに価格が分かることが便利でした。

この部品、なぜこんなに値段が高いの?と思ったことがあり、ちょっと試しにCADで修正してみたら半額以下に!そうやって部品コストと形状を「最適化」できるという裏技がmeviyにはあります。

部品寸法で無茶な部分があればアドバイスが出てくるし、すごく便利なツールとして私はとらえています。もうmeviyを使わない理由が見つからないですよね。

とにかく仕事が楽に。試作品製作で求めるスピードに最適

meviyはとにかく楽だし、テンポが良いですね!納期と価格がすぐに画面で確認できるのはもちろん、設計して部品が手元に届くまでのスピード感が、私の業務サイクルにピッタリです。

CADの画面ではいくら良い設計に見えても、実際に部品を作って組み立ててみると「感触的に」納得いかないとか、リアルな世界ならではの修正点はどうしても発生してしまいます。
ですから少しでも早く試作品を立ち上げ、修正改善の早回しをしていきたいので、meviyのスピード感はとても助かります。
週のはじめに修正した設計が、早ければ週末には現物として届いて試せるわけですから。

それと試作段階での「図面作成」作業が不要になる点は大きいです。例えば先ほどご紹介したパネル。
すべての寸法や加工指示を入れて図面を作成すると、A3図面3枚になります。それ以外にも20品種近くの部品図面が必要です。

しかも最終決定していない部品の図面なので、仕様変更になったら作図した図面も費やした時間も捨てることになる。だったらその時間はもっとクリエイティブな仕事に使いたいので、とても助かります。

品質が不安だったが、部品の仕上がりに驚き

初めて注文したときは、どんな仕上がりの部品が来るのか多少の不安はありました。
なにしろ3Dデータの他にこちらから出した指示は、材質と体裁面(表面処理)と数量だけですから。他になにも訊いてこない。

いざ届いて開封したら、「こんなクオリティの高い部品が届くのか!」と感動を覚えました。
レーザー加工の切断面にできる、わずかな荒れやバリが手で触ってもすべすべで、変色もありません。今まで触れてきた板金部品の切断面とは明らかに違いました。

それから「精度の高さ」にも要注目です。実は今回、構造設計に集中してしまい、組み立て公差を考慮しないデータで注文してしまったんです。注文後に「たぶん修正がいるなあ」と思っていました。
ところが届いた部品を使って組み立てたらピタリとはまって、また驚き!meviyの板金は一般公差仕上げだそうですが、実力はそれ以上なんだろうと思います。

meviyからのアドバイスで、今まで以上に寸法取りや形状を意識

板金部品を設計するときに、meviy利用後は寸法取りや形状を今まで以上に意識するようになりました。

meviyに3Dデータをアップロードすると、赤や黄色で「曲げと穴が近すぎます」といったエラーが表示されますよね。私は板金加工の現場で働いたことがなく、これまで寸法取りや形状をそこまで気にしたことがなかったので、meviy先生にアドバイスをもらっている感覚です。

アップロードすると、すぐに結果が分かるので「これでもか!」と修正してはアップロードを繰り返して、ついに指摘事項がなくなったときはとても気分がいいです。

今思うと、以前はちょっと無理な形状でも加工屋さんが技量で作ってくれていたのでしょう。でもひょっとしたら、それはコストのかかる仕事なのかもしれない。形状を見直したら単価がまるで違うとか、そういうことがあったのかも知れないですよね。

今後もぜひmeviyを利用していきたいと思っていますし、meviyでの量産も検討しています。量産の場合は、今の品質のまま価格が下がるとすごく嬉しいです。これ、本当に切実なお願いです!

課題
  • 試作機製作はどうしても修正が発生するので、修正改善を早回ししたい
  • 仕様変更が発生すると、時間とお金が無駄になり非効率
  • 加工可否の判断がつかない形状の部品は加工屋さんの技量に頼るしかない
導入効果
  • 納期が早く、試作品製作に求められるスピード感にも適応
  • 図面作成作業が不要になり、クリエイティブな仕事に時間が使えるように
  • コストと形状の最適化に役立つ機能で設計方法の見直しもスムーズ

 

この記事の著者

株式会社ミスミ
meviy編集部

meviy(メヴィー)は、「ものづくりに創造と笑顔を」というミッションを掲げ、部品調達におけるムダ削減に取り組んでいます。
meviyのインフォメーションサイトを運営するmeviy編集部では、ミスミのカタログ販売で長年培った知見を活かして、部品加工に関するトピックを丁寧にわかりやすく解説しています。また、商品やサービスの新着情報もいちはやくインフォメーションでお届け。

ピックアップ記事