meviy FAで調達できる部品は、ユニット全体のどれくらい? -方向検出機の場合-

「meviyって対応範囲が限られていて、実際は使い物にならないんじゃないの?」

そんな風に思われている方のために、今回は装置・治具設計の中で、どんな部分にmeviyをお使いいただけるのかご紹介します。

サンプルデータでmeviyの見積もりを試したい方はこちら

装置・治具のどんなところに使えるの?-方向検出機の場合-

下記の「方向検出機」を例に、どんなところでmeviyが活用出来るのか、見ていきます。

こちらのユニットは、46種73パーツから構成されています。

このうち、29種53パーツはカタログから購入できる規格品です。
(23種40パーツ:ミスミ規格品。6種13パーツ:他社規格品)
下図、黄色に塗られた部分が該当します。

そして、それ以外の17種20パーツは、カタログでは選ぶことの出来ない特注品です。
下図、グレーになっている部分が該当します。

紫の部分はワークです。

では、グレーになっている特注品のうち、meviyで調達可能なパーツはどれくらいあるのでしょうか?

正解は…

青色に塗られた14種17パーツがmeviy FAで調達可能なんです!
特注品17種20パーツのうち、種類・点数共に8割以上がカバーできるということになります。

ユニットの8割に相当する部品を、2D作図なしで自動見積もりできるとなると、使わない手はないですね!
お手元の部品データで、ぜひ一度meviyの自動見積もりをお試し下さい。

サンプルデータでmeviyの見積もりを試したい方はこちら

この記事の著者

meviy編集部
メヴィ子

メヴィ子。2016年生まれ。meviy編集部内で宣伝隊長を担当、meviyに関して誰よりも詳しく理解している。主にブログやSNSに登場し、複雑な機能や使い方を丁寧にわかりやすく解説することが日課。

得意技は愛され笑顔。

meviyを使ってみる

ピックアップ記事 ピックアップ記事