【新機能】切削プレート_ピン角へのR提案機能をリリース

2021年8月13日(金)よりmeviy FA切削プレートにて、ピン角へのR提案機能をリリースしました。
従来、マシニングで加工不可のピン角がある場合、自動見積失敗となっていました。しかし、多くのお客様からのご要望にお応えし、ピン角に対してRをつけて加工することを自動提案できるようになりました。
これにより、自動見積失敗、モデル修正の手間が大幅に減少します!

【ポイント】
★従来はピン角があると自動見積失敗、モデル修正の手間
★ピン角に対するR提案を開始、許容すれば自動見積成功に
★提案するRのサイズは、材質・深さによって自動判定

従来はピン角があると自動見積失敗、モデル修正の手間

図面手配の際、加工屋から「ここRつけて良い?」と質問を受けた経験はありませんか?
下図赤丸部のようにマシニングで加工不可のピン角がある場合、加工屋はR付きの加工を提案することが一般的です。

 

しかし、meviy FA切削プレートでそのようなピン角がある場合、これまで下図のように自動見積失敗となっていました。

そのため、ピン角箇所を探す、モデルを修正する、再アップロードするという手間が発生していました。

ピン角に対するR提案を開始、許容すれば自動見積成功に

今後、マシニングで加工不可のピン角に対して、R付きの加工を自動提案できるようになりました。Rがつくことを許容頂ければ自動見積成功となり、そのままご注文頂けます。
つまり、ピン角箇所を探す、モデルを修正する、再アップロードするという手間がかからなくなります。

 

ピン角がある場合、従来の品質同意と同様に、以下の手順でRがつくことを許容頂けます。

(1)モデルをアップロード
※ビューワーでは該当箇所に「ピン角」と表示

(2)品質同意のメッセージ(赤枠部)をダブルクリック
※該当箇所の表示は「R~(提案)」に

(3)「許容する」(赤枠部)を押下

 

 

商品は、提案Rサイズ(上図例ではR5)の通りにRが付いた状態で納品します。
なお、ビューワー上のモデル形状が変わる(Rが付く)ことはありません。

提案するRのサイズは、材質・深さによって自動判定

提案するRのサイズは、meviyが自動判定します。以下のように材質・ポケット深さによってRのサイズが決まってきます。

 

《鉄・プリハードン鋼》

ポケット深さ 提案Rサイズ
~10 1.5
~12 2
~16 2.5
~20 3
~30 4
~40 5
~50 6
~60 7
~80 9
80超 11

 

《アルミ》

ポケット深さ 提案Rサイズ
~12.5 1.5
~15 2
~20 2.5
~25 3
~30 4
~40 5
~50 6
~60 7
~80 9
80超 11

 

《SUS》

ポケット深さ 提案Rサイズ
~10 1.5
~12 2
~16 2.5
~20 3
~24 4
~32 5
~40 6
~48 7
~64 9
64超 11

 

《樹脂》

ポケット深さ 提案Rサイズ
~7.5 1.5
~10 2
~15 2.5
~20 4
~30 6
~40 7
40超 11

 

【切削プレート マニュアル】
・対象部品/材料についてはこちら
・設計ガイドラインについてはこちら
・精度と加工条件についてはこちら

 

【お問い合わせ先】
meviyサポート 電話:0120-343-626
受付時間:月曜日~金曜日(土日祝日を除く) 9:00~18:00
WEBフォームでのお問合せはこちら

meviyを使ってみる

ピックアップ記事 ピックアップ記事