現場取材・対談連載記事

ミスミ賞受賞者インタビュー ~家族と過ごす時間、理想のロボット制作に必然だった「meviy」~ MISUMI Presents第39回ROBO-ONE 

二足歩行ロボット格闘技大会であるROBO-ONE。ミスミ特別協賛のMISUMI presents 第39回ROBO-ONEでミスミ賞を受賞したのは「シンプルファイター」を制作した近藤隆路さんでした。ROBO-ONE優勝経験のある近藤さんが、家族との時間を確保しながらこだわりのロボットを自作する決定打として選んだミスミの「meviy」。meviyを利用することで、ご自身の制作環境では絶対にできないクオリティの部品制作ができたそうです。今回は、近藤隆路さんの受賞インタビューをご紹介します。

近藤さんご家族とミスミ賞受賞の“シンプルファイター“

近藤さんご家族とミスミ賞受賞の“シンプルファイター“

――まず近藤さんのロボット歴を教えていただけますか?

ロボットを作り始めたのは2002年の大学1年生からになります。ROBO-ONEの世界に入ったのが 2005年です。第4回ROBO-ONE J-class(*1)にサーボモーター4つだけの『シンプルファイター』で出場して、予選は通過しましたが、1回戦負けでした。
その後、2009年か2010年に初めて3kg級を作って参加しました。毎回参加ではないですが、10年以上参加していて、2014年には優勝もさせていただいています。
また2016年に、株式会社シンプルファイター設立し、ロボットの研究をしています。

(*1)2006年まで開催された、現在の「ROBO-ONE Light」に似た軽量級の大会。家族で参加するとポイントが加算されるルールがあり、親子で競技に臨むチームも多かった。

――今回の機体はミスミの「meviy(メヴィー)」を利用して作られたそうですが、「meviy」はどれくらい前から使われていましたか?

実は今回が初めてなんです。ROBO-ONE会場で流れている「meviy」の宣伝動画を目にしていて気になってはいたのですが、2020年の11月にロボット関連の展示会にミスミさんのブースがありまして、そこで丁寧に使用方法などを教えていただきました。
その場で実際に、図面をアップロードしてから費用が出てくるまでのデモ画面を見させていただいて、「これは自分のロボット制作にも活かせる」 と確信しました。

――今回制作方法を変えるに至ったきっかけは何だったんでしょうか。

最大のきっかけは、子供が生まれてから自分の時間が無くなったということです。私は仕事でもロボット事業に携わっていますが、これまでロボットを1台作ろうと思うと、仕事後に職場で制作作業をし、それを1か月くらい続けなければならなかったんです。そんなことをしていたら子供と遊べませんし、下手すると家族の大問題になってしまいます(笑)。子供と遊ぶ時間、家族との時間を確保した上で、理想のロボットを作るには、「meviy」の利用は必然でした。

――ご自分で制作されていた方が外注するとなると、制作スピードなどで不満はありませんでしたか?

特に不満はありませんでした。部品を注文したら、3日~4日くらいで届くので、
「週初めに設計をして発注をし、部品が届くまでの間は子供と遊び、週末に組み立てる」そんな日程で1週間が動いていたり、設計が間に合わない場合は、週末作業は諦めて子どもと遊んでいました。(笑)

――今回のシンプルファイターは、どういうロボットにしたいと思って作られたのでしょうか?

これまで「ROBO-ONE」に出場していた機体は、バックドロップされても壊れない、バトルに特化した勝てる機体だったんですが、今回はリモート大会だったので、直接のバトルもないですし、床運動という新たな課題も出てきたので、バトルでの強化部分を少し減らして、自分の好きなことをやろうかなと考えました。腕の細さとプロポーション部分のこだわりですとか、絶対入れたかった肩の“角”とかですね。この“角”も贅沢に重量を割いて入れました。自分がかっこいいと思う形状を、誰になんと言われてもやろう、と考えて作った機体です。

本番用のロボット部品を頼む前に、3月くらいから試作部品をmeviyで注文させて頂いていたので、作りたいものが確実に作れるのはわかっていました。例えば足の部品ではコの字型の曲げが上下2方向になっていますが、これを個人レベルで曲げようと思うと、とても大変です。あとは10度の曲げを2回付けている部品もあります。今回は、自分の制作環境では絶対できない、大変で絶対やりたくない曲げ加工を盛り込めました。

第39回ROBO-ONEミスミ賞を受賞したロボット「シンプルファイター」

――今後や近い未来にこういうロボットを作っていきたいなどの想いがあれば教えてください。

直近のROBO-ONEのことに意識が取られてしまっていて、5年後といった先のビジョンはあんまり考えられていないです。もともと中学校、高校と吹奏楽部だったんで、格闘できる体つきではありませんが、格闘技には興味がありました。ROBO-ONEであればロボットを使って格闘できるというのが嬉しくて、その気持ちで続けています。たとえ年を取って体が動かなくなっても続けられる競技であると考えています。
次のROBO-ONEでは機体重量を4kgまで増やせるので、meviyでステンレス製の部品を作り、強いモーターを積むような4kg専用ロボットを設計しようと考えています。重さにも余裕があるので、現在の細身のプロポーションも踏襲したうえで、もっと強度のあるロボットを制作したいです。

第39回ROBO-ONEミスミ賞を受賞したロボット「シンプルファイター」

 

meviyで機体を制作するきっかけは、家族と過ごす時間を大切にしたいという想いからだったという近藤さん。「制作時間を削減しながらも、meviyで理想のロボットを制作できました」と、大変貴重なご感想をいただきました。今後もmeviyを活用したロボットにてROBO-ONEでのご活躍を応援しています!

ピックアップ記事