ものづくり基礎知識 金属・樹脂の材料

SUS303とは?SUS304との違い、用途などを解説

SUS303は、ステンレスの一種です。SUS304(最も流通量が多いステンレス)の加工性を向上させたもので、切削加工用の材料として適しています。一方、SUS303はSUS304よりも耐食性や溶接性が低いため、場所や用途によっては使用できないケースもあります。
SUS303やSUS304をはじめ、ステンレスには多くの種類があります。適した材料を選択するには、部品の用途や機能価格などを総合的に判断することが必要です。
今回の記事では、ステンレスの基礎知識やSUS303の概要、SUS303とSUS304の違いについて、くわしく解説します。

SUS303とは?SUS304との違い、用途などを解説

ステンレスの基礎知識

ステンレスの基礎知識

ステンレス(stainless)は、その名のとおり「さびにくい(stainlessな)合金鋼」です。正式名称は「ステンレス鋼」であり、一般的には、鉄を主成分としクロムを10.5%以上含む鋼を指します。
ステンレスには非常に多くの種類があり、それぞれ性質が異なります。ステンレスの種類はSUS(サス)に続く3ケタの数字で表わされ、300番台はオーステナイト系ステンレス鋼、400番台はフェライト系およびマルテンサイト系ステンレス鋼というように分類されています。

SUS303とは?

SUS303は、オーステナイト系ステンレスの一種です。代表的なオーステナイト系ステンレスであるSUS304に硫黄やリンを添加してつくられます。硫黄やリンの添加により粘り気が少なくなるため、SUS303は加工性や切削性に優れています。また、耐焼付性が良好で、摩擦による凝着が少ない点もメリットです。基本的には非磁性ですが、加工の工程で結晶構造が変化すると磁性を示す場合もあります。
SUS303にはデメリットもあります。SUS303はSUS304に比べると耐食性がやや低いため、湿気の多い場所や常に水に触れる場所ではさびる可能性があります。また、硫黄やリンの含有量が多いため、溶接には向いていません。

SUS303とSUS304の違い

SUS304は、最も広く流通している代表的なステンレスです。ホームセンターなどで売られているステンレス部品は、ほとんどがSUS304です。SUS303とSUS304の基本的な材料物性は同じですが、両者には以下のような違いがあります。

  • 耐食性:SUS303に含まれている硫黄やリンは空気中の酸素と反応するため、SUS303はSUS304よりも耐食性が低くなります。常に水に触れる場所のような腐食しやすい環境では、SUS303ではなくSUS304を使用しましょう。

  • 溶接性:SUS303に添加されている硫黄やリンは、合金中で偏析(偏って存在)しやすい成分です。そのため、SUS303を溶接すると、収縮応力が発生するなどして割れが生じやすくなります。溶接したい場合は、SUS303ではなくSUS304がおすすめです。

  • 加工性:硫黄やリンの含有量が多いと粘り気が少なくなり、加工性がよくなります。そのため、SUS303の方が加工性に優れています。

  • 価格:SUS303はSUS304よりも流通量が少なく、価格も少し高くなる傾向があります。

SUS303とSUS304の見分け方

SUS303とSUS304の外観は非常によく似ており、目視だけで区別するのは困難です。
両者を見分けるには、切削加工で生じた切りくずを比較するのがいいでしょう。一般に、SUS304のように粘り気の高い材料から生じた切りくずは一本につながっています。一方、硫黄やリンを添加して粘り気を少なくしたSUS303の切りくずは、細かくバラバラの状態です。また、両者を溶接してみて、うまく溶接できる方がSUS304だと判断する方法もあるでしょう。

SUS303とSUS304の形状

SUS303とSUS304ともに、丸棒や六角棒、四角棒、平角棒、厚板(熱間圧延)形状の部材が流通しています。SUS304に関してはこのほか、薄板(冷間圧延)、パイプなどの形状も存在します。

SUS303とSUS304の用途

SUS303もSUS304も広く流通しているため、さまざまな用途で使われています。

SUS303の用途

SUS303はボルトやナット、シャフトなどの工業製品に多く使われています。また機械部品などにも使われます。材料としては丸棒の状態での流通が多く、さまざまな形状に加工されます。

SUS304の用途

SUS304はSUS303に比べ耐食性に優れるため、電車の外板などにも使用されています。自動ドアやエスカレーター、柱や手すりなどで銀色の素材の色を活かした部位にも使用されます。
LNGタンクや原子力設備のようなプラント、ボルトやナットのような工業製品、洗浄機器など他、医療、製薬用の機器や食品製造機器にも使用されています。

SUS303 SUS304
耐食性
溶接性
加工性
価格 304よりやや高い 303より安い
用途 ボルト、ナット、シャフト 外板、タンク、プラント

まとめ

ステンレスは、鋼にクロムを添加してさびにくくした合金鋼で300番台に分類されるのはオーステナイト系ステンレスです。SUS304に硫黄やリンを添加したSUS303は、SUS304と比べて切削加工性や耐焼付性に優れますが、耐食性や溶接性は劣ります。SUS303とSUS304ともに、丸棒や六角棒、四角棒、平角棒、厚板などの材料が流通しています。SUS304は薄板やパイプなども多く流通すています。どちらも機械部品をはじめ多くの用途がありますが、耐食性に優れるSUS304は、プラントや電車の外板にも使われます。
 
ミスミmeviyではSUS303やSUS304部品の即時見積もりと加工ができます。