旋盤(ターニング)加工の特徴や代表的な加工方法について解説!

旋盤加工(ターニング)は材料を削り取ることで狙いの形状を実現する加工方法で、切削加工に分類されます。さまざまな工具や加工方法を組み合わせることで、複雑な形状を実現できる旋盤加工について、その特徴や加工手順などを紹介します。

旋盤(ターニング)加工の特徴や代表的な加工方法について解説!

旋盤加工(ターニング)とは?

旋盤加工(ターニング)とは?

旋盤加工は切削加工の一種です。切削加工には他にフライス加工や穴あけ加工が含まれますが、旋盤加工では、回転させている材料に対して切削工具を当て、不要な部分を削り取りながら、狙いの形状に加工します。
旋盤加工と、同じく切削加工に含まれるフライス加工は似ていますが、「何を回転させるのか?」という点に違いがあります。旋盤加工では、加工対象となる材料を回転させますが、フライス加工では材料を固定し、切削工具を回転させながら加工します。

切削加工についてはこちらの記事で解説しています。
切削加工の基礎知識から設計・加工の注意点まで詳しく解説!

旋盤の基本的な加工方法

旋盤加工には外径加工、内径加工、ねじ切り加工、突切り加工の4つの基本的な加工方法があります。各加工方法について説明します。

外径加工、内径加工、ねじ切り加工、突切り加工

ココミテvol.2より参考

  • 外径加工
    外形加工は、回転している材料の外側から切削工具を当てる方法です。旋盤加工の中でも、もっとも多く用いられている加工法で、表面をきれいにする仕上げ加工や、加工初期の段階で大まかに狙いの形状に削り取るときに使われます。
    外径加工では、発生した切りくずが切削工具に絡まってしまう可能性があります。特に高い精度が求められる仕上げ加工の場合には、切りくずが絡まって精度が悪化することを防ぐために、切削工具の角度を調整することが必要です。
  • 内径加工
    内径加工では、材料に穴あけ加工などで開けた穴を大きく広げていくように材料の内側を削っていきます。穴の大きさを整えたり、内側の表面をきれいに仕上げたりする場合に用いられます。
    内径加工では、加工する穴の深さに応じて工具を長くする必要があります。しかし、長い工具はたわみが発生しやすいため、精度悪化に注意が必要です。また、切りくずが穴の内部に溜まってしまうため、頻繁に切りくずを取り出す必要があります。
  • ねじ切り加工
    ねじ切り加工は、ねじのピッチを製作する加工法です。旋盤加工では、専用のねじ切り工具を用いることで、雄ねじと雌ねじの両方を加工できます。フライス加工やマシニングセンタの場合には、雌ねじしかできない場合が多いので、雄ねじも製作できる点は旋盤加工の大きなメリットの一つです。
    ねじ切り専用の工具を材料に当て、一定の速度で工具を動かしていきます。ねじのピッチを等間隔にするために、「自動送り機能」を使って速度を一定に保つ場合が多いです。
  • 穴あけ加工
    穴あけ加工は、回転する材料にドリルを押し当てて穴を開ける方法です。内径加工を行う際には、あらかじめ専用の工具が入る穴を開けておく必要があり、その際に穴あけ加工が用いられます。
    ドリルでの穴あけ加工はそれほど精度が高くないため、必要な大きさの穴を開けた後の仕上げは、一般的に内径加工が用いられます。
  • 突切り加工
    突切り加工は、材料に工具を押し当てることで不要な部分を切り落とす加工法です。円柱を輪切りにしていくようなイメージです。
    刃が細い工具を使用する必要があり、振動や音を確認しながら作業をする必要があるため、ある程度の技術が必要です。精度の高い加工をするためには、しなりやすい刃や切削する際に油を使うなど、対策する必要があります。

旋盤加工で使用する加工機とその特徴

旋盤加工で使用する加工機とその特徴

旋盤加工で使用する加工機には、材料の大きさや加工の方法によってさまざまな種類があります。代表的な加工機の種類と特徴を紹介します。

  • 汎用旋盤
    作業者が手動で工具を動かしたり、工具を交換したりする旋盤です。プログラミングが難しい複雑な形状のものや、1点もの、微調整が必要な試作品を作る際に重宝されます。
  • NC旋盤
    NC旋盤では、加工条件をプログラムとして作成し、読み込ませておくことで自動加工が可能です。プログラム通りに動いてくれるため、初心者でも一定以上の精度で加工できます。繰り返し同じ作業が必要な量産品に向いています。
  • 卓上旋盤
    卓上という言葉が表すようにテーブルの上におけるような小型の旋盤です。使用方法については汎用旋盤同様で、小さな部品を作る際に必要です。
  • 正面旋盤
    正面旋盤は、大きな材料を加工する際に用いられる横型の旋盤です。切りくずが溜まらずに下に落ちてくれるため、切りくずによる精度悪化を防げる点が特徴です。切りくずの除去作業が不要なため、連続で効率よく作業を進められます。
  • 立旋盤
    立旋盤は工具を垂直方向に動かしていく旋盤で、大きな材料を加工する際に用いられます。重心や遠心力による振れを低減でき、高い加工精度を実現できます。

旋盤加工のメリット・デメリット

旋盤加工のメリット・デメリット

では次に、旋盤加工のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

  • メリット
    旋盤加工では、丸物の製品を製作できます。また、材料を回転させながら切削していくため、高い寸法精度を実現できる点が大きなメリットです。
    回転数や回転方法を任意に変更できます。また工具の種類も用途に合わせたものがラインナップされているため、加工方法を組み合わせることで、複雑な形状の製品を製作できます。
  • デメリット
    旋盤加工は、さまざまな工具や加工法を組み合わせることで、複雑な形状を実現できますが、工具を交換する頻度が多くなると一つの製品を作り上げるのに時間がかかってしまいます。
    また、複数の加工方法を使いこなすためには、熟練した作業者が必要となり、誰でも精度の高い製品を作り出せるわけではありません。製品の複雑さや作業者の技術を見極めた加工方法の選択が必要です。

旋盤加工の手順

旋盤加工の手順

旋盤加工の手順は、製作する製品によって細かく異なります。ここでは、代表的な手順について紹介します。

  1. 工具と材料の取り付け
    はじめに、旋盤加工に使用する切削工具と材料を取り付けます。加工中に動いてしまわないようにしっかり固定します。取り付け時の位置がずれていると、精度が悪化してしまうため、位置決めは高い精度で実施することが重要です。
  2. 荒加工
    次に、製作したい製品の大まかな形状を削りだす荒加工を行います。この工程で高い精度は必要ありませんが、削りすぎに注意が必要です。また、材料の回転状態や切りくずの発生状況には注意しましょう。
  3. 仕上げ加工
    荒加工で大まかな製品形状を削り出せたら、仕上げ加工を行います。高い精度が必要となるため、回転数や送りの速度には十分注意しながら進めましょう。もしバリが出てしまう場合には、加工面を傷つけないように気を付けながら、ヤスリで丁寧に取り除く必要があります。

旋盤加工部品の注意点

旋盤加工部品の注意点

旋盤加工で部品を製作する際には、できるだけ低コストで必要な精度を実現することが必要です。

設計する際の注意点としては、材料からの削り量を小さくし、加工時間を短縮することが重要です。また、特殊な工具ではなく一般的に販売されている工具で加工できる状態にすることで、納期短縮やコストの削減につながります。

旋盤加工を行う際には、できるだけ手順が複雑にならないような加工順序や工具選択が重要です。一朝一夕では身につかないので、熟練の職人がもつノウハウをうまく共有するといいでしょう。

まとめ

旋盤加工は切削加工の一種で、回転させている材料に対して切削工具を当てて加工します。旋盤では外径加工や内径加工、ねじ切り加工、穴あけ加工や突切り加工が可能です。汎用旋盤やNC旋盤、卓上旋盤、正面旋盤や立旋盤などの種類があるため、目的に合わせて使い分けが必要です。寸法精度の高い加工ができますが、加工に時間がかかったり高精度が要求されたりと熟練した作業者が必要な場合もあるため、ノウハウの共有がポイントになります。

ミスミでは旋盤(ターニング)加工の特注見積もりを承っております。用途にあわせてサービスをご選択ください。
FA図面品、FAカタログ品の特注見積もりはこちらをご覧ください。
製品同等の試作品・プロトタイプの即時見積もりはこちらをご覧ください。

どちらもミスミVONAのアカウントをお持ちの方は今すぐ無料でお見積もりいただけます。

ミスミVONAのアカウントをお持ちでない方はこちらから新規会員登録ください。 (無料)

※ミスミVONAはミスミの商品とそれ以外の多数のメーカー商品を取り扱うECサイトです。

meviyを使ってみる

ピックアップ記事 ピックアップ記事