データム・幾何公差を設定する

切削角物の全技術情報「使い方-詳細マニュアル(PDF版)」はコチラ >> ​

PDF ダウンロード

データムの設定方法

STEP1

上部のアイコンからを選択します。ショートカットキー(Shift+G)で選択することも出来ます。

STEP2

データムを設定したい平面を選択します。選択可能な面にマウスポインタを乗せると、面がハイライトされます。
データム設定可能条件
長手寸法 短手寸法 厚さ 公差下限
自動見積 10mm以上、200mm以下 8mm以上、 各材質の厚み上限 0.02
200mm超え、300mm以下 0.03
300mm超え、400mm以下 0.05
担当者見積
  • 400mm超え、600mm以下
  • 長手上限:600mm、短手上限:400mm
5mm以上、8mm未満 0.02

注意

以下の場合は、データムの設定はできず、ボタンをクリックすることはできません。
  • 選択不可である面はマウスをホバーしたら「選択不可」のアイコンが表示されます。

STEP3

データム記号を選択し「更新」をクリックします。
3D Viewerモデル上とツリービュー上で設定したデータムを確認することができます。

注意

・A~Zのうち、下記の5つのアルファベットは表示されません。
  • 「I(アイ)」:数字の1と見間違える為
  • 「O(オー)」:数字の0と見間違える為
  • 「Q(キュー)」:呼称時に数字の9と聞き間違える為
  • 「V」:英字のUと見間違える為
  • 「T」:幾何公差の⊥(直角度)と見間違える為

STEP4

データム記号が設定されると、画面とツリービュー上でデータム記号を確認することができます。

幾何公差の設定方法

STEP1

上部のアイコンからを選択します。ショートカットキー(G)で選択することもできます。
幾何公差設定可能条件
長手寸法 短手寸法 厚さ 公差下限
自動見積 10mm以上、200mm以下 8mm以上、 各材質の厚み上限 0.02
200mm超え、300mm以下 0.03
300mm超え、400mm以下 0.05
担当者見積
  • 400mm超え、600mm以下
  • 長手上限:600mm、短手上限:400mm
5mm以上、8mm未満 0.02

注意

以下の場合は、幾何公差の設定はできず、ボタンをクリックすることができません。
  • 選択不可である面はマウスをホバーしたら「選択不可」のアイコンが表示されます。

STEP2

幾何公差を設定したい平面を選択します。対象となる部分がハイライトされます。

注意

選択不可である面はマウスをホバーしたら「選択不可」のアイコンが表示されます。

STEP3

幾何公差記号を選択します。記号は平行度、平面度、直角度から選択することができます。 選択が完了したら、更新ボタンをクリックします。

ポイント

「幾何公差を追加する」ボタンから適宜幾何公差の追加設定が可能です。
入れられる公差値は下記のとおりです。
幾何公差 アイコン 公差範囲
平行度 0.02~0.99
平面度 0.02~0.99
直角度 0.02~0.99
※ごみ箱マークをクリックすると、入力中の幾何公差の設定が削除されます。
最小保証値:平面度、直角度、平行度0.02/100mm
最大サイズ 設定可能最小値 保証値
~100mm 0.02mm以下 0.02mm以下
~200mm 0.02mm以下 0.04mm以下
~300mm 0.03mm以下 0.09mm以下
~400mm 0.05mm以下 0.2mm以下

注意

  • 平行度・直角度の指定にはデータムが必要です。データムを設定した後にご指定ください。 また、同一平面内で同じ幾何公差を重複して設定することはできません。

STEP4

幾何公差記号・データムが設定されると、画面とツリービュー上で幾何公差記号を確認することができます。

データム・幾何公差の削除方法

STEP1

上部のアイコンからのアイコンを選択します。 ショートカットキー(D)で選択することも出来ます。

STEP2

「削除したいPMIをクリックして下さい」と表示されますので、削除したい幾何公差・データムを選択します。
カーソルを合わせると該当する幾何公差・データムは青く光ります。
クリックすると削除されます。

注意

「カスタムPMIを削除」のボタンをクリックすると、設定したPMIがすべて削除されますので、ご注意ください。

STEP3

削除が完了しました。

STEP4

Escキーまたは×ボタンを押すと、寸法削除を終了します。