picture picture

バーリングタップのモデリングとサイズ

板金部品の全技術情報「使い方-詳細マニュアル(PDF版)」はコチラ >> ​

PDF ダウンロード

バーリングタップのモデリングルール

円筒フランジ形状を検出したとき、バーリングタップとして識別されます。

モデリング作成ルール 部位例
内径 d は、前述の”タップ穴の認識”と同じルールが適用されます フランジ高さ h と厚み t は板厚以下でモデリングしてください 形状例

バーリングタップのサイズ選択

パンチングメタル材やシムプレート材( SPCC(シム用), SUS304(H)(シム用) )、透明樹脂ではバーリングタップを選択できません。

材質 板厚 バーリングタップ穴径(※1)
  • SPCC
  • SPHC
  • SECC
0.8 M3 M4
1.0 M2​ M2.5​ M3 M4 M5
1.2 M2​ M2.5​ M3 M4 M5
1.6 M2​ M2.5​ M3 M4 M5
  • SUS304(2B)
  • SUS304(片面#400研磨)
  • SUS304(片面ヘアライン)
  • SUS430
  • A5052
  • A5052(アルマイト鋼板白)
  • A5052(アルマイト鋼板黒)
0.8 M3 M4
1.0 M3 M4 M5
1.2 M3 M4 M5
1.5 M3 M4 M5
1.6 (※2) M3 M4 M5
  • ※1 M2・M2.5はSPCC(溶融亜鉛メッキ)・SECCに限る
  • ※2 A5052(アルミ)に限る