バーリングタップのモデリングとサイズ

板金部品の全技術情報「使い方-詳細マニュアル(PDF版)」はコチラ >> ​

PDF ダウンロード

バーリングタップのモデリングルール

円筒フランジ形状を検出したとき、バーリングタップとして識別されます。

モデリング作成ルール部位例
内径 d は、前述の”タップ穴の認識”と同じルールが適用されます
フランジ高さ h と厚み t は板厚以下でモデリングしてください
形状例

バーリングタップのサイズ選択

パンチングメタル材やシムプレート材( SPCC(シム用), SUS304(H)(シム用) )、透明樹脂ではバーリングタップを選択できません。

材質 板厚 バーリングタップ穴径
SPCC
SPHC
SECC
0.8 M3 M4 M5
1.0 M3 M4 M5
1.2 M3 M4 M5
1.6 M3 M4 M5
SUS304(2B)
SUS304(片面#400研磨)
SUS430
A5052
0.8(※) M3 M4 M5
1.0 M3 M4 M5
1.2 M3 M4 M5
1.5 M3 M4 M5

※ A5052(アルミ)は除く