品質管理について

板金部品の全技術情報「使い方-詳細マニュアル(PDF版)」はコチラ >> ​

PDF ダウンロード

外観の品質保証範囲

切断面 塗装時の吊り治具痕
切断面_レーザー加工時 切断面_タレットパンチプレス加工時 塗装時の吊り治具痕

表面

・体裁面は、爪がかかる傷無きこと
 体裁面でない面は、加工上の傷が入ることが有ります。

抜き方向のバリ・カエリ 曲げによる傷 曲げによる膨らみ(コブ)
抜き方向のバリ・カエリ 曲げによる傷 曲げによる膨らみ(コブ)

加工部(抜き、曲げ)

・抜き加工時に発生する0.1mmを超えるバリ・カエリは、除去致します。

※糸面取りやC面取りにはなっておりません。

・外形に面取りやフィレットが必要な場合はモデリングしてください。ただし
 板厚方向への面取りフィレットは、対象外になります。

・加工方法により、切断面の外観は異なりますのでご留意ください。
(加工方法の指定はできません)

・塗装時の吊り治具痕が残ることがあります。

・曲げ加工時に金型による加工跡が残ります。

※SUS304 #400材は、体裁面に保護シートをつけ傷を抑止しております。

・曲げ加工時に曲げ部の両側に板厚の15%程度の膨らみ(コブ)が出来ます。

検査項目

検査風景① 検査風景②
検査風景① 検査風景②

検査内容

・外観検査:傷、打痕、ムラ、塗装状態、表面処理状態(目視)

・寸法確認: viewer表示寸法(デジタルノギス、角度測定器等)

・検査タイミング:各工程や出荷前検査

板金・シムプレートの寸法保証範囲

寸法保証範囲

一般公差:JIS B 0408 B級

・塗装をご指定された場合には、生地状態での保証となります。

※タップ穴はマスキングした上で塗装致します。

・許容寸法公差が適用される箇所は、同じ面の穴間や曲げによって隣接した端面・垂直面との寸法に限ります。
※隣接していない面にある(複数の曲げ加工部をまたぐ)穴間・穴-端面の寸法における許容寸法公差は適用されません。
下図「適応外の寸法例」を参照

適応外の寸法例
適応外の寸法例

透明樹脂の寸法保証範囲

規格部位 交差等級 基準寸法の区分 許容差
記号 説明

面取り部分を除く長さ

寸法に対する許容差

m 中級 0.5以上3以下 ±0.1
3を超え6以下 ±0.1
6を超え30以下 ±0.2
30を超え120以下 ±0.3
120を超え400以下 ±0.5
400を超え1000以下 ±0.8
1000を超え2000以下 ±1.2
面取り部分の長さ寸法に対する許容差 c 粗級 0.5以上3以下 ±0.4
3を超え6以下 ±1
6を超えるもの ±2

※JIS B 0405の削り加工の普通許容差を採用

加工寸法の普通許容差

・外形の許容差は、±1.0となります。その他箇所の許容差は左表をご確認ください。

透明樹脂の寸法変化

・温度や湿度による寸法変化については下記条件の元、精度保証をいたします。
 – 検査は温度管理された環境にて行っております。
 – 精度保証は出荷時点の検査結果に基づくものとなります。

透明樹脂のR

・モデルの内角がピン角またはR3未満のとき、加工R3程度が付きます。
下図「透明樹脂の内角R」を参照
・内角についてピン角またはR3未満での仕上げをご希望の場合は、meviyサポートにお見積をご依頼ください。

透明樹脂の内角R
透明樹脂の内角R