透明樹脂加工仕様

板金部品の全技術情報「使い方-詳細マニュアル(PDF版)」はコチラ >> ​

PDF ダウンロード

加工寸法の普通許容差

外形の許容差は、±1.0となります。その他箇所の許容差は下表をご確認ください。
規格部位 公差等級 基準寸法の区分 許容差
記号 説明
面取り部分を除く長さ寸法に対する許容差 m 中級 0.5以上3以下 ±0.1
3を超え6以下 ±0.1
6を超え30以下 ±0.2
30を超え120以下 ±0.3
120を超え400以下 ±0.5
400を超え1000以下 ±0.8
1000を超え2000以下 ±1.2
面取り部分の長さ寸法に対する許容差 c 粗級 0.5以上3以下 ±0.4
3を超え6以下 ±1
6を超えるもの ±2

※JIS B 0405の削り加工の普通許容差を採用

規格値部位例

モデルがピン角またはR3未満のとき、加工R3程度が付きます。

(ピン角またはR3未満での仕上げをご希望の場合は、meviyサポートにお見積をご依頼ください。)

部位例

透明樹脂の寸法変化

樹脂は金属と異なり、温度や湿度で変形したり、寸法変化をし易い材質です。
下記の通り精度保証をいたします。

・検査は温度管理された環境にて行っております
・精度保証は出荷時点の検査結果に基づくものとなります