picture picture

品質管理について

切削角物の全技術情報「使い方-詳細マニュアル(PDF版)」はコチラ >> ​

PDF ダウンロード

外観の品質保証範囲

フライス切削面
SS400 A5052 SUS304
素材面
SS400 A5052 SUS304
  • ・爪がかからないかつドットゲージで0.7㎜以下の傷を保証します。
  • ・代表面粗さはRa6.3又はRa3.2(Rz25又はRz12.5、又は▽▽)
  • (代表面粗さ値はユーザの設定内容に準拠します)
  • ・材質、サイズによっては素材面(磨き・圧延)で出荷する場合がございます。
表面処理
吊り方法イメージ表面処理の吊り痕・電極接点痕
吊り方法イメージアルマイト黒アルマイト白
 アルマイト黒アルマイト白

・小径精度穴等は膜厚管理が難しいため、処理後に追加工する場合がありそれにより切削面に表面処理が残らない場合がございます。

・穴にはマスキングすることがあるため穴の内側は表面処理が残らない場合がございます。

・表面処理の吊り痕・電極接点痕が製品に残る場合がございます。

検査項目 

各工程、出荷前に検査を実施しています
寸法公差検査

マイクロメータを使用

はめあい公差検査

限界栓ゲージを使用

幾何公差検査
4965_19
  • 測定方法:定盤上でのダイヤルゲージ、スキマゲージ、ハイトゲージなどを使用し、複数点測定。
  • ※測定方法の指定、検査証の提供はできかねます。
ねじ検査等
ISO2級(JISBの2025)相当のボルトが通ることを原則とする
外観検査

ドットゲージ

表面粗さ検査

粗さ測定器、粗さ標準片での検査

  • 面粗さ指定が無い面は代表面粗さ指定値以下、面粗さ指定がある面は、粗さ指定値以下の面粗度である事を確認します。
  • Ra0.8以下またはRz3.2以下の場合、対象面上で2カ所もしくは3カ所、検査長5mmで測定します。
  • 精度確保の都合上、面研指示の無い面に研削加工する場合があります。

寸法保証の範囲

角部の面取り
角部の面取り角部の面取り
・角部・隅部がピン角または0.5mm以下のモデルは、角部C0.1mm~0.5mm以下、隅部R0.5mm以下となります。
指示なし穴の口元面取り
角部の面取り角部の面取り

・口元面取りは0.1~0.5㎜以下となります。

幾何公差保証の考え方

  • 指示値は100mm当たりの保証になります。
  • 例:0.05/100mmの平面度を指定した場合
・100×100区画に対する幾何公差許容値は上記のように考える

刻印の品質保証範囲

加工方法

  • 刻印は「レーザ加工」あるいは「切削加工」のどちらかで加工します
  • ※加工方法のご指定はできません

刻印に関する品質注意事項

  • 1. 刻印部位にバリや焼けが発生する可能性があります
  • 2. 3~5mmの刻印文字サイズをご指定いただいた場合、文字によっては文字間のクリアランスが十分に取れない場合や潰れる可能性があります
  • 3. 材質・表面処理によっては刻印文字が薄くなる可能性があります
  • 4. 刻印の「文字サイズ、角度」はあくまで目安値となります。寸法精度は保証はいたしません
  • 5. 文字内容によっては指定サイズと異なるケースがあります
  • 6. 刻印全長によっては、文字間・高さのズレが発生する可能性があります(目安:90mm以上)

刻印の仕上がりサンプル例

– 表面処理無サンプル
表面処理無サンプル レーザ刻印
  • レーザ刻印
  • (材質:SUS304)
表面処理無サンプル 切削刻印
  • 切削刻印
  • (材質:SUS304)
– 表面処理有サンプル
表面処理有サンプル レーザ刻印
  • レーザ刻印
  • (材質:A5052)
  • ※黒アルマイト処理
表面処理有サンプル
  • 切削刻印
  • (材質:A5052)
  • ※白アルマイト処理

梱包

内装について外装について
製品包装簡易2D図面複数個口一個口
梱包単品梱包数物梱包小物

簡易2D図を同梱し

各辺、気泡緩衝材 2重巻きで包装

外側に商品ラベルを貼付しお送りします。

箱または気泡緩衝袋にてお送りします。

利用規約