曲げ部の板厚を自動修正する

板金部品のモデルは板厚を均一として設計します。曲げ部の内R・外Rのバランスが崩れて板厚が不均一となってしまうと、自動見積は行えません。ただし、このようなケースでは自動修正する機能をご使用いただけます。

「3Dビューワー画面」を開いたときに表示されるメッセージから修正する

板厚が不均一なデータをもつプロジェクトを3Dビューワー画面で開くと [モデル修正確認]ダイアログが表示されます。

1.[はい(修正したモデルでプロジェクトを作成する)]を選びます。

自動修正されたモデルで新たなプロジェクトが元のプロジェクトと同じ場所に作成されます。ファイル名は、「fixed_“元のプロジェクトの初期名称”」になります。

メモ

修正したモデルは新たなプロジェクトとして作成されますので、元のプロジェクトは そのまま保持されます。

自動修正されたプロジェクトを開きます

2. 自動修正されたプロジェクトを開きます。

パーツの情報や板厚規格外が修正されたことを確認してください。

3. 見積もりを再開します。

見積条件の設定から進めてください。