許容範囲の寸法公差

板金部品の全技術情報「使い方-詳細マニュアル(PDF版)」はコチラ >> ​

PDF ダウンロード

No. 規格部位 基準寸法の区分 規格値※ 部位例
1 曲げ無し部 6以下 ±0.1 部位例
6を超え30以下 ±0.2
30を超え120以下 ±0.3
120を超え400以下 ±0.5
400を超え1,000以下 ±0.8
1,000を超え2,000以下 ±1.2
2 曲げ加工部 6以下 ±0.3
6を超え30以下 ±0.5
30を超え120以下 ±0.8
120を超え400以下 ±1.2
400を超え1,000以下 ±2
1,000を超え2,000以下 ±3

※JIS B 0408の金属プレス加工品普通許容差の公差等級:B級を採用
※塗装をご指定された場合、生地状態での規格値となります。

許容寸法公差が適用される箇所は、同じ面の穴間や、曲げによって隣接した端面・垂直面との寸法に限ります。
隣接していない面にある(複数の曲げ加工部をまたぐ)穴間・穴-端面の寸法については許容寸法公差は適用されません。

例1)許容寸法公差が適用される寸法
許容寸法公差が適用される寸法
例2)許容寸法公差が適用されない寸法
許容寸法公差が適用される寸法