iCAD

iCADをお使いの場合の、穴タイプ自動認識設定の設定方法についてご案内します。

穴タイプの自動認識設定

3Dモデルの穴タイプをmeviyの見積もりに反映させるための3つの設定方法をご紹介します。
ユーザーメニュー_ユーザー設定

ユーザー名にカーソルを合わせて表示される[ユーザーメニュー] の[ユーザー設定] をクリックします。

設定方法1:自動認識なし

  • この設定では、円筒形状の穴を全て通し穴(板金部品)、ストレート穴・公差なし(切削プレート)として認識します。
  • タップ穴や精度穴の指示は、CADデータのアップロード後に[次へ進む]から3Dビューワー画面を開き、穴をダブルクリックして変更することが可能です。

注意

モデル設計時に3D CADで付与されたオリジナルの穴属性情報は引き継がれません。

設定方法2:穴径からタップ穴を自動認識 (デフォルト)

  • この設定では、お使いのCADソフトに応じたモデルの穴形状と’穴径’を検出し、タップ穴を自動で認識します。
  •  
  • タップ穴認識の穴径条件として、お使いのCADソフトを選択して下さい。
  • ※[ファイルタイプに従う]を選択した場合は、拡張子を元に設計時に使用されたCADを推定して、穴径の照合を行います。

メモ

詳細は以下を参照してください。

注意

モデル設計時に3D CADで付与されたオリジナルの穴属性情報は引き継がれません。

設定方法3:色属性から穴タイプを自動判定

  • この設定では、お使いのCADソフトで着色されたモデル内の穴側面を検出し、タップ穴や精度穴等を自動認識します。
  • 穴タイプごとの色属性を事前登録しておき穴側面の着色と照合することで、任意の穴タイプを見積条件へ反映させます。

注意

色属性を連携できるCADデータには制限があります。( 参考: 色属性連携対象のCAD情報 )

  • お使いのCADソフトを選択した上で、選択したCADから出力されたネイティブ形式、または中間ファイル(.x_t, .xmt_txt等のParasolidのみ)をアップロードしてご使用ください。
  • また自動認識させたい穴タイプは、同ページ下部にある「色属性の登録」フォームで色属性を事前登録してからご使用ください。

CADデータの色属性を使ってmeviyに穴タイプを自動認識させる「色属性の登録」

穴タイプの自動認識設定を[色属性から穴タイプを自動認識]に設定すると、CADデータの色属性をmeviyへと引き継ぐためのRGB設定が可能になります。
STEP1:
ユーザー設定の[穴タイプの自動認識設定]を選択します。
STEP2:
  • 穴タイプ認識方法を[色属性から穴タイプを自動認識]に設定します。​
  • ※[色属性から穴タイプを自動認識]を選択しているときに限り、色属性の登録フォームをご利用いただけます。
STEP3:
使用CADを設定します。
STEP4:
設定したい穴種のON/OFFボタンにチェックを入れ、RGB記入欄をアクティブにしてください。
STEP5:
  • RGBに数値を入れます。
  • ※RGBは0~255の値で設定ください。
STEP6:
[設定を保存する]を押下します。
項目名 詳細
1 ON/OFF 穴種毎に設定要否が切り替えできます。
2 穴タイプ 色属性連携で自動認識させることができる穴タイプの一覧です。
3 RGB 色属性の登録欄です。RGBそれぞれについて0~255の値で設定します。
4 色確認 RGBの設定状況に対するメッセージが表示されます。

穴の自動認識結果・色属性の確認方法

3Dビューワー画面で穴の自動認識結果と色属性が確認可能です

STEP1:

3Dビューワーの[・・・]にカーソルを当てます。

STEP2:
[穴の自動認識結果・色属性を表示]をクリックします。
STEP3:
  • ツリービューの穴リストに、連携された色属性の情報が表示されます。
  •  
  • ※これらの色属性は、meviyが独自で解析した結果であり、お使いのCADソフトで設定された色属性の値と一致しない可能性があります。
    従って[色属性から穴タイプを自動認識]を使い始めるとき、お使いのCAD、Version、環境設定が変わったときは、必ず当設定で穴の自動認識結果を確認してください。
  • また後述の対応CAD、対応フォーマットのみを利用してください。

色属性連携対象のCAD情報

色属性を連携できるCADデータは下記表をご参照ください

CADフォーマット
CAD名ネイティブ中間フォーマット(Parasolid)
(.sldprt)(.icd).x_t.x_b.xmt_txt
SOLIDWORKS
iCAD SX
他のCAD

注意

対象外のCADで生成されたモデルや、対象外のCADフォーマットに関しては、色属性による穴タイプ自動認識の動作保証対象外となります。
CADの穴属性から穴タイプを自動認識

設定方法4:CADの穴属性から穴タイプを自動認識

  • この設定ではCADソフトの穴コマンドで作成された穴の属性を連携し、穴タイプを認識します。
  • お使いのCADソフトを選択した上でCADのネイティブ形式をアップロードしてください。

注意

穴属性連携の適用ルール

CADの穴属性を連携し穴タイプを認識させるには以下の適用ルールをご確認ください。

対象CADソフトとファイル形式について

連携対象のCADソフトで作成し、ネイティブ形式でアップロードしてください。

CADの穴の作成方法について

  • ② CADの穴コマンドで作成された穴が連携対象です。(連携対象の穴・属性は以下のCAD別穴コマンド対応表をご確認ください。)
  • 穴コマンドを使っていない場合は穴属性連携の対象外です。
  • ③ 穴コマンドのカスタマイズについては動作未確認のため正しく連携されることを保証できません。
    (カスタマイズとは、既存の規格や寸法を変更したり、新規の規格を作成したりすることを意味します。 )
  • ➃複製は赤枠で囲ったもののみ連携対象となります。ただしSolidWorksのみ、穴を複製後さらに複製した穴は穴コマンドで作成された穴として認識されず、穴属性連携の対象外になります。
  • タップ穴と精度穴の有効深さは連携されず、ユーザー設定のダイアログ設定情報が適用されます。
  • ⑥ mm規格のねじ穴に対応しています。inchねじは未対応です。
SOLIDWORKS iCAD SX
  • I 一部形状をコピーする
  • II 一部形状を連続コピーする
  • III 一部形状を回転コピーする
  • IV 一部形状をミラーする
  • V 一部形状をミラーコピーする

iCAD穴コマンド対応表

  • 連携対象の穴タイプと、iCADにおける穴コマンド設定条件は、以下をご確認ください。
  • 記載の方法以外で作成された穴は連携対象外のためストレート穴・通し穴になります。ビューワー画面で穴タイプを変更してください。
穴タイプ(meviy) 穴コマンド設定条件 説明 補足
ストレート穴・通し穴 ストレート穴・通し穴
  • ① 以下のいずれかを選択
  • ・キリ穴
  • ・キリ穴(貫通形状)
  • ・キリ穴(貫通形状)_2級
  • ・キリ穴_2級
  • ②ユーザー定義を利用する場合は変数を以下に設定
  • ・l,d
  • ユーザー定義時指示外の値が変数に設定されると連携されません。
  • ①②はどちらかいずれかを利用すれば連携可能となります
  • 特別理由がない場合には①での作成を推奨しております
  • ストレート穴
  • (ザグリ穴)
  • ※切削のみ対応
  • ① 以下のいずれかを選択
  • ・ざぐり穴
  • ・ざぐり穴(貫通形状)
  • ・ざぐり穴(貫通形状)_2級
  • ・ざぐり穴(六角穴付ボルト)
  • ・ざぐり穴(六角穴付ボルト)_2級
  • ②ユーザー定義を利用する場合は変数を以下に設定
  • ・l,lz,dn,D
  • 座ぐり穴は段付きストレート穴として認識します。
  • 座ぐり穴の底面形状は平面でなく円錐形状になることがあります。
  • 3Dモデルと仕上りに差異が生じる形状ルールはこちら
  • ①②はどちらかいずれかを利用すれば連携可能となります
  • 特別理由がない場合には①での作成を推奨しております
精度穴 ※切削のみ対応
  • ①ユーザー定義で作成した穴を選択
  • ユーザー定義穴の作成方法は後述の項目を参照してください
  • ・有効深さはユーザー設定のダイアログ設定情報が適用されます。
  • ・穴径は3D CADファイルの径、公差域クラスは穴コマンドの設定値を参照します。はめあい公差を設定していない場合はユーザー設定の常用する公差域クラスを参照します。
  • ・両側公差(例:±0.02)および片側公差(例:+0.02/0)は連携できないため、必ず3Dビューワーで確認・設定を行ってください。初期表示はユーザー設定の常用する公差域クラスを参照します。
タップ穴・バーリングタップ
  • ① 以下のいずれかを選択
  • ・タップ穴
  • ・タップ穴(下穴連動)
  • ・タップ穴(下穴連動)_2級
  • ・タップ穴(貫通形状)
  • ・タップ穴(貫通形状)_2級
  • ・タップ穴_2級
  • ・タップ穴細目
  • ・タップ穴細目_2級
  • ②ユーザー定義を利用する場合は変数を以下のいずれかに設定
  • ・l,d,a
  • ・l,lr,d,a,ls
  • ・l,ls,d,a
  • ・l,lr,d,a
  • ・ピッチサイズが取得できない場合は並目として認識します。
  • ・有効深さはユーザー設定のダイアログ設定情報が適用されます。
  • ・形状およびサイズはmeviyのバーリングタップルールに準じます。
  • 板金部品のバーリングタップルールはこちら
  • ①②はどちらかいずれかを利用すれば連携可能となります
  • 特別理由がない場合には①での作成を推奨しております
  • ②を利用する場合は呼びの項目には必ず呼び径を記載してください。
  • この際Mがついていない場合は呼び径として認識されません。
皿穴
  • ① 以下のいずれかを選択
  • ・サラ穴(貫通形状)
  • ・サラ穴(貫通形状)_2級
  • ②ユーザー定義を利用する場合は変数を以下のいずれかに設定
  • ・l,dk,dn,t
  • ・l,dk,d,t

形状およびサイズはmeviyの皿穴ルールに準じます。

切削プレートの皿穴ルールはこちら

板金部品の皿穴ルールはこちら

①②はどちらかいずれかを利用すれば連携可能となります

特別理由がない場合には①での作成を推奨しております

連携対象外①
  • 以下の穴コマンドを使用した穴は連携の対象外です。
  • ①管用テーパねじ
  • ②管用平行ねじ
これらの穴で作られている場合は連携の対象外です。
連携対象外②
  • 以下のコマンドを使用した穴は連携の対象外です。
  • ①削る
  • ②削る(削った要素を残す)
  • その他機械部品を選択して配置する以外を使用した穴は連携の対象外です

これらの穴で作られている場合は「穴コマンド未使用」と表示されます。

iCADユーザー定義穴設定

設定手順 参考画像 説明
参考
  • ユーザー定義穴の設定方法に関しては部品登録ガイド(part_regi_guide)にも記載があるため参照してください。
  • ※左記画像におけるフォルダ構成、ファイル名はインストール設定によって異なる場合があります。
  • iCADSX\MAN
  • part_regi_guide.PDF
  • 第5章穴関連項目設定
①元データをコピーする
  • 参考にする元データを①から②にコピーする
  • ①ICADSX\JISPARTS\JIS\3D\04_ねじ穴
  • ②ICADSX\JISPARTS\USER
②コピーしたフォルダ及び中のデータの名前を変更する
  • 名称には特に指定はないためご自身の認識できるもので構いません
  • ※ただし精度穴に限り名称にはめあいの公差域クラスをご記入ください
③エクセルの内容を変更する 配置名に穴の名称HOLE_D_VALUEに詳細な情報(穴種など)を記入しJIS名称、配置属性、配置属性付加情報の行(赤枠)を削除する

穴の自動認識結果・穴属性の確認方法

  • 3Dビューワー画面では穴の自動認識結果とCADの穴属性情報を確認できます。

穴の自動認識結果・穴属性の確認方法​
  • ① ツリービューの各穴の右側に[黒色文字]でCADの穴属性情報が表示されます。

  • 連携されなかった場合は「未連携の穴属性」と表記の上[黄色文字]で表示されます。

  • ② CADの穴属性情報を非表示にすることができます。

  • ③ 穴属性連携の適用ルールを確認できます。

注意

  • これらの穴属性は、meviy独自のルールにもとづいて連携した結果であり、お使いのCADソフトで設定された穴属性の値と一致しない可能性があります。
  • [CADの穴属性から穴タイプを自動認識]の使い始めと、お使いのCAD、Version、環境設定が変わったときは、必ず穴の自動認識結果を確認してください。

穴属性連携対象のCAD情報

  • 穴属性を連携できるCADフォーマットは以下をご参照ください。

CADフォーマット
CAD名 ネイティブ 中間フォーマット
(.sldprt)(.icd) (.x_t)(.x_b)(.xmt_txt)
SOLIDWORKS
iCAD SX
他のCAD

注意

対象外のCADで生成されたモデルやCADフォーマットは、穴属性連携による穴タイプ自動認識の動作保証対象外となります。