入れ子・ブロックコアピンの加工ガイドライン

指示なき加工寸法の普通許容差標準(JIS B 0405:1991/JIS B 0419:1991より抜粋)

公差が指示されていない寸法については、以下の規格を適用します。

面取り部分を除く長さ寸法に対する許容差
公差等級 基準寸法の区分
記号 説明 0.5以上 3以下 3を超え 6以下 6を超え 30以下 30を超え 120以下 120を超え 400以下 400を超え 1000以下
m 中級 ±0.1 ±0.1 ±0.2 ±0.3 ±0.5 ±0.8

※0.5mm未満の基準寸法の許容差は±0.1とします。

面取り部分の長さ寸法(かどの丸み及びかどの面取り寸法)に対する許容差
公差等級基準寸法の区分
記号説明0.5以上
3以下
3を超え
6以下
6を超えるもの
m中級±0.2±0.5±1

※0.5mm未満の基準寸法の許容差は±0.2とします。

角度寸法の許容差
公差等級 対象とする角度の短い方の辺の長さの区分
記号 説明 10以下 10を超え 50以下 50を超え 120以下 120を超え 400以下 400を超えるもの
m 中級 ±1° ±30′ ±20′ ±10′ ±5′

加工方法別の面粗さ

指示無き場合、下記粗さの範囲内で製作致します。

算術平均粗さ (Ra) 0.025 0.05 0.1 0.2 0.4 0.8 1.6 3.2 6.3 12.5 25 50 100
従来の粗さ表記 最大高さ (Rmax、Ry) 0.1S 0.2S 0.4S 0.8S 1.6S 3.2S 6.3S 12.5S 25S 50S 100S 200S 400S
基準長さの 標準値(mm) 0.25 0.8 2.5 8 25
仕上げ記号 ▽▽▽▽ ▽▽▽ ▽▽
加工方法 旋盤加工
研磨加工
ワイヤー加工
マシニング加工
放電加工

※最大高さ(Rmax, Ry)は参考値となります

隅部

指示無き場合、隅部はR≦0.2で製作致します