データ読み取りができない原因

モデリングが上手く認識されないときは、以下のポイントをチェックしてください。

解決できない場合は、直接meviyサポートへお問い合わせください。

面の歪み

[原因]
モデルが円筒になっていないと形状認識に失敗します。

認識失敗
面の歪み_認識失敗
認識成功
面の歪み_認識成功

[対策例]

ソリッド化したモデルをアップロードして下さい。サーフェスでモデリングしたものは中間ファイルに書き換えるとき面が壊れる可能性があります。

[チェックポイント]

直径の寸法が出ているかを確認し、円筒になっているか最終チェックをおすすめします。

認識が失敗するモデリング
4794_02
4794_03
認識が成功するモデリング
4794_04
4794_05
※ソリッドワークスを使用してモデリングした場合の例となります

軸ずれ

[原因] 軸がずれていると形状認識に失敗します。

認識失敗

ツバ部の軸とシャンクの軸がずれている

面の歪み_認識失敗

認識成功

軸ずれなし

面の歪み_認識成功

[対策例]

ツバ部の軸とシャンクの軸が、ずれないようにスケッチをして下さい。

[チェックポイント]

ツバ部の軸とシャンクの軸が、ずれていないことをご確認ください。

フィレットの不具合

[原因]

モデルに隙間があると形状認識に失敗します。フィレットをかける順番によってはモデルに隙間ができてしまいます。

認識失敗
 フィレット形状認識失敗
認識成功
フィレット形状認識成功
[対策例]

フィレットに掛かるツバカットがある場合は、先にフィレットをかけてからツバカットをして下さい。

[チェックポイント]

フィレットをかけるときは、モデリングの最初にフィレットをかけるようにして下さい。

3D viewerで認識がされない形状

お見積もりに時間がかかる部品の場合、3Dviewerで認識がされません。 →「お見積もりに時間がかかる部品
3Dviewerで公差指示ができない形状は、図面添付もしくはコメント欄へ公差指示をいただければオペレータが見積もります。 図面添付・コメント指示の設定方法 →「追加指示/コメント指示を設定する